センター引出し本所✕2とルナと色々

前回のブログから、かなりのイロイロな事があり

新たな引出し2頭

寸前にバタバタ引出した子達の容態もまだ安定しない中

突然の新規保護も3頭

入院していた子達の退院受け入れ

白血病の茶丸のこと

そして、現在傷病猫の捕獲を試みながら

今日には、これまた戦わなくては、、、の案件も飛び込んできました

ルナの日獣診察も終わり、生活も落ち着かせねば

救われたのは、ルナの診察結果と

TNRが今週末だ!とひとりであたふたしてましたが

実は搬送は来週末だったこと(笑)

そして、引き出しの子達が生きていること

その他色々な連絡事項等、遅れがちになっておりますが

とにかく命最優先に動きます

命は「この時」を見過ごしたら

取り返しのつかないことになる事がありますので

今やるべきことを、ひとつひとつ、やっていきます

皆様、ご理解、ご協力、よろしくお願い致します!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

日本獣医生命科学大学付属動物医療センター

dav

循環器専門の先生の診察を受けました

行きは遠距離や高速を恐れ

携帯酸素持参、下道でなんと3時間半

余裕を持って6時出発したのに、到着は予約の9時半を少し過ぎてしまいました

遠かった、、、

そして、診断は、ファロー四徴症ではなく

ルナの先天性心疾患は、3つであることが分かりました

とにかく、この1,2ヶ月の成長過程で奇跡が起こることを願い

手術に挑むことができるよう

生活環境に配慮していくことになりました

それにしても、、、診察前にお勉強していって良かった!

この私が、診察室で先生の話してる事が良く理解でき

充分に納得して帰ってきました

本当にお陰様です

僅かではありますが、希望の光も見えました

本当に、行って良かった、、、

この日の為に、数名のボラさんが踏ん張ってくれました

診察のお供もそうですが

夜担当ボラさんは、仕事前にお世話に朝4時過ぎからお世話に入り

ヘルプの為、その日のボラ予定のボラさんも朝4時に基地入り

前日にも翌日に無理がないように、ボラさん大奮闘です

当のルナは

「今日はチュールがイッパイもらえるにゃぁ」と喜び

診察に疲れ、またまたご褒美チュール

その後は車でスヤスヤ眠っておりました(笑)

こちらの心配、苦労をよそに、本人爆睡(笑)

こんな事が、いつまでも続けばいいなぁと、、、

予想よりも診察結果は良かったのですが

それでも大きな疾患を抱えている事には変わりなく

突然死のリスクも常にあります

うちには多くの様々な疾患を抱えた子達が暮らしていますから

ルナひとりにかける時間はやはり少ないですが

その中での精一杯を

1日1日、大切に過ごしていきたいと、思います

また、報告致します

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

センター本所引出し

dav

下半身完全麻痺です

名前はふじさん

dav

この子も、下半身完全麻痺

名前はぼーちゃん

2頭とも、交通事故でしょう

脊髄損傷です

ぼーちゃん、外傷がなかったので油断してましたが

お玉のあたりに、なーんか白いもんついてるなぁ、、と思っていたら

なんと、ウジウジの卵でした

昨夜中、排尿介助をしようとしたら

うごめく白い物体、、、

既にボラさんは上がった後、、、

マジカヨ、、、とテンションダウンしましたが

もっとしっかり観察しなかった自分が悪いし

ぼーちゃんに申し訳ないことをしてしまいました、、、

夜な夜なコツコツ取り除いた憎むべきウジウジたち

今年の夏からには、何頭ものウジウジ発生していた子達を保護したので

私のウジウジ免疫はバッチリです(笑)

交通事故から、時間がある程度経過していたのだと思います

背中は古傷になっていたし

きっと、オシッコ垂れ流して、うずくまっていたんだ

それで卵がついていたのだ、、、

だから、脱水もひどかったんだ、、、

、、、と予想してみたら

ぼーちゃんが愛しくてたまらなくなりました

本当に、、、恐怖でしかなかったでしょうね、、、

レントゲンも、何枚も写真を撮らせてもらったのですが

ふじさんのなのか、ぼーちゃんのなのか、はたまたダミのなのか

分からなくなってしまった、、、

ふじさんもぼーちゃんも

色々なショックからなのか、まだ自力でご飯を食べず、強食です

それでも引き出しから数日

毛づくろいをしたり、ケージをぐちゃぐちゃにしたりして

接する最初のご挨拶は「シャー!」になりました

でも、これはとても良い事なんです

こんな引き出しの場合、最初大体の子達は、意思表示が全くありません

そして、触られると身体は緊張し、ガチガチになり、呼吸が上がってしまうのです

時間が、かかるのです

シャー言われると、お世話をする私達は構えますが(笑)

怒る=感情が出る、なので

怒る顔に、ホッとするもんです

猫はとても繊細で、神経質な生きものですからね

とりあえず、ヒトヤマ超えたかな?

ここのところ、本所の引き出しが続き

皆下半身がやられていました

前回のブログに載せた引き出しのダミ

(書類を忘れて、掲載情報で報告しました)

骨盤と脚の骨折手術から帰ってきました

麻痺かと思われたダミでしたが

なんと!

今日初めて立ちました!

起立不能で収容されても

歩けるようになった子達はたくさんいます

骨盤も左足も、先生に治してもらったし

手術の傷が癒えれば、もっとしっかり立てるようになるかも、、、!

引き出し当初の緊張顔は消え

アマアマダミに変身しましたよ〜

殺処分なんて、してはいけない

生きているんですから

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

昨日はここまでで寝落ちをしました(笑)

そして今日もとんだ事件が起こり

夜な夜な現地確認も

残りのご報告は、また次回にして、、、

最近、つくづく感じる事があります

もひかんは施設があるので、保護活動も行っております

多くの猫たちのお世話は、時間も人手もかかり

もちろん、施設を設けるまでにも

大変な道のりがありました

何より、関わるボラさんたち、関係者さん

ひとりひとりのガッツがあるからこそ、もひかんは成り立っています

多くの猫を保護しているからといって

1頭の保護が簡単にできる訳ではありません

まずは、その子を抱える覚悟

そして抱えたら、言い訳は通用せず

何が何でもやらねばならないのです

「○○だから」

「でも」、「だって」、「助けたいけど、、、」

やらない理由はあげればキリがなく

理由をあげてやらないならば、そこまで、と思っています

もひかんだけで救える命など、あるわけがなく

たくさんの人達のお力添えがあるからこそ、活動していけています

相談者さんの目の前にある命

相談者さんが助けたいと思って始まる動き

そこに、相談者さんの協力がない場合

その時点で、もひかんでは保護を受ける事はできません

もひかんは、相談者さんに協力する立場として、活動しています

今日も、大変な1日でした

たくさんの人達が大変な想いをして、命を維持しています

命を救いたくて集まった人達ですから

それを外に押し付けるつもりは更々ありませんが

何もやりもせず、皆の頑張りを簡単に思われるのは

どうにもいい気持ちはしないもんです

私にとって、やっと命を救い続けるようになれたもひかんは

それはそれは大切なものなんです

そして、もひかんを支えて下さっているたくさんの方達へのご恩は

直接口で伝えることもままならずですが

全て活動で現していきます

今後とも、よろしくお願い致します!

物資のご支援

送付先

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

活動資金のご支援

ゆうちょ銀行 お振り込み先

ゆうちょからの振り込み

  1. 送金ボタン
  2. 画面に沿って手続き
  3. 通帳やキャッシュカードを入れる
  4. 暗証番号
  5. 記号001904
  6. 番号514479

    ※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

他金融機関からの振り込み

店名   :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目 :当座
口座番号 :0514479
口座名義 :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

銀行 お振り込み先

店名   :群馬銀行 妻沼支店
預金種目 :普通
口座番号 :0212331
口座名義 :津戸 絵理

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる