センター南支所引き出し✕2

2年前より、センター本所の掲載傷病猫の引き出しを続けてきました

やると言ったら、限界までやる

これが自分の納得するやり方なので

1頭も残す事なく、引き出しをしてきています

そして今年4月より、彩の猫さんとの共同事業により

センター南支所の掲載傷病猫の引き出し全頭

それから、彩の猫さんより相談があれば

さいたま市保健所、川口保健所の重篤な傷病猫についても

彩の猫さん経由で引き出し、保護をしています

4月より、丸半年が経過しましたが

引き出しの数は、ビックリする程増え

よく、どうにかなってるよなぁ、、、と、、、

これは、本当に関わる皆様のお力添えのお陰様で

ギリギリで収容され、殺処分しか道のない子達を

たくさん、救う事ができています

彩の猫さんは、子猫の譲渡に強い団体さんなので

もひかんで保護となった子達の譲渡もお任せしていますが

手のかかる子達が多くなれば、譲渡の動きが止まってしまいます

少しでも、譲渡活動に集中できるように、、、とやっているつもりですが

彩の猫さんも、乳飲み子や、奇形のある子猫達の引き出しが多く

うちで引き受けられたら、、、と思う子達も

傷病猫の引き出しがかなり増えた今、なかなかヘルプの手が出せずにいます

そうそう、思い通りにはいかないのが、現実

私は、譲渡できるかできないか、で保護を決めずに今までやってきたので

彩の猫代表さんの想いは、とても良く分かっています

ラインを引けば、活動は楽になるでしょう

でも私達は、そこを諦めずに活動していくつもりでいます

一度諦めたら、それ以上はきっと、できないから、、、

自分たちの都合活動になってしまえば

傷病を負った子達、奇形の子達は

生きる場所を失くしますからね

何かをやる前から、先を読んでやるには

愛護には、マニュアルもなければ、考え方も様々で

あまりにも不安材料ばかり

でもどうにかなるまで、実践しながら、根気よく

とにかく諦めずに、やっていこうと思います

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

うちの引き出しの、センター掲載傷病猫とは

何らかの理由で、外で衰弱し

それを目にした人がセンターに通報

「見るに見かねる愛玩動物」は、収容せねばならない決まりらしく

では、通報され、収容され、行き着く先は?

センターに収容される猫でも

センターが可能な限り、譲渡に向けて努力してくれます

が、カワイイ盛りの子猫でさえ、認定譲渡団体の力を借りねば

殺処分となる訳です

そんな中、目玉の飛び出した猫の譲渡を受ける人がいるでしょうか?

下半身が動かなく、出血してる猫を引き取る人がいる?

そんな猫たちは、譲渡なんて可能性すら否定され

収容期限が過ぎれば、すぐに殺処分です

収容期限まで、命がもたないことさえ、多いのが現実

それほどの傷病を負っている子達です

「飼い主がいるかもしれない」とのことで県のHPに掲載されますが

私の経験上、ほぼ野良猫の傷病猫です

飼い猫の印である首輪をつけていたとしても

飼い主さんが手を上げる、なんてことは

ほぼありません(今までに2,3回程です)

愛護ボランティアでさえ、引き取り難い子達を引き取ろうと思い

引き出し始めて3年目

前置きが長くなりましたが

昨日も、センター南支所から

負傷猫2頭引き出しました

この子は、首輪をつけています

頭を打ったらしく、鼻血を出していましたが

治療開始から一晩、今朝はご飯をモリモリ食べました

怖くてシャーいうものの、甘えたくて、すり寄ってきます

怖かったよなぁ

首輪は汚れていて、ノミがいました

外飼いの飼い猫なのか、、、?

何はともあれ、まずは元気になること!

まだ1日ですから、油断は禁物ですが

この調子なら、いけそうです

とりあえずは、ホッとしました

すみません、この写真は、バッタリあった里親さんの猫ちゃんです

写真の削除の仕方が分からず、、、このままで(笑)

そして、もう1頭

この子もシャーいうけど、そこまで暴れちゃんではない

、、、暴れられないだけ??

骨盤から後脚、バキバキに4箇所骨折です

あぁ、本当にバキバキ、、、

ここまでのレントゲンを見たのも、初めてかも、、、

痛いよなぁ、、、

幸い皮膚を突き破っていないようなので、大丈夫だろうとのこと

基地には戻らず、入院になりました

膿胸のゲッツ、顎骨折のアゴタがまだ入院中だというのに

またまた大変な手術で先生にお世話になることに、、、

本当にいつも、ありがとうございます

あ、高速道路で事故にあった、羽生くんもだ

君は一体、入院何ヶ月目だい??

センターから直接病院→入院となったので

病院が完全に我が家(笑)

私の顔をみても、アンタダレ?状態(笑)

病院のスタッフの方々のお陰様で

バキバキの両後脚を抱えながらも、素早いパンチを繰り出していた羽生くんは

スタッフの方々には、甘々ちゃんだそうです(笑)

まだ、手術が控えているそう

羽生、がんばるんだよ

こんな調子ですが

「傷病猫って、引き出しても死ぬから引き出せるんでしょ?」

って言われることありますが

んなこたぁ、ありません

確かに亡くなる子達も多いですが

生きる子達も多いです

そもそも、まだ生きてるのに

何もせずに勝手に諦めて殺すってのは

人としてどうかと、私は思いますよ

そして、引出した子達のお陰様で、私のExは上がり続け

未来の子達を救う糧となっています

とにかく、生きること!そして食べることです!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

自宅にて保護中のちびた

保護翌日に意識を失い、とにかく慌てたチビ太ですが

投薬もやめ、とても順調で、スクスク育っています

可愛く映ってますが

暴れるチビ太を捕まえ、どうにか撮った写真(笑)

津戸家で娘の子どもたちとして育てた子達は

どうにもやんちゃできかん坊で、基地に来てからボラさんたちを悩ませますが(笑)

チビ太は例外といってもいいほど、更にきかん坊です(笑)

このまま一人っ子はマズイゾ、と

只今、うちの猫たちの洗礼を受けて社会勉強中ですが、、、(笑)

あまりに噛みつくので、娘はぬいぐるみでガードしながら、相手をしています(笑)

1日ひとつ、傷ができるそうです(笑)

チビ太、娘にいい経験をさせてくれますな〜

尻尾を太くして挑戦!

おそるおそるちょっかいを出し、、、

調子にのりすぎて(笑)

(チビ太の右手に注目、これで先輩ブチギレ(笑))

完敗(笑)

物資のご支援

送付先

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

活動資金のご支援

ゆうちょ銀行 お振り込み先

ゆうちょからの振り込み

  1. 送金ボタン
  2. 画面に沿って手続き
  3. 通帳やキャッシュカードを入れる
  4. 暗証番号
  5. 記号001904
  6. 番号514479

    ※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

他金融機関からの振り込み

店名   :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目 :当座
口座番号 :0514479
口座名義 :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

銀行 お振り込み先

店名   :群馬銀行 妻沼支店
預金種目 :普通
口座番号 :0212331
口座名義 :津戸 絵理

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる