LINEで送る
Pocket

昨日の夜、世話の途中でボラさんからの電話

TNRの依頼があったとの事

それだけでなく「今日仔猫を捨ててきた」と、依頼者様は話したそうで

間に合うかもしれないと思った私は

すぐに基地を飛び出し、捨てた場所を聞く為に

依頼者様の家に連れていってもらいました

お話を聞くと、捨てた先は川

理由は「ひとおもいに、死ねるように」

私が依頼者様の家に行ったのは

川に落としてから数時間後

血の気が引くのを感じました

高齢のご夫婦は、野良猫に餌をあげています

それを知っていたボラさんは

もひかんでの手術を薦めていました

何度も仔猫を産み、増えた野良猫

高齢の餌やりさんは

猫がこれ以上増える事に

悩んでいたのでしょう

そして、してはいけないと知りながら

産まれた仔猫を川に落として

殺しました

そして、TNRの依頼をしました

皆様が、この状況で餌やりさんから

「仔猫を川に捨てた」と聞いたら

どうしますか?

聞かなかった事にしますか?

きっと親猫は

数日の間、仔猫を狂ったように探し続けるでしょう

仔猫を取り上げられて交通事故で亡くなった子を

私は何度もみてきてます

川に落とされた仔猫は

一瞬で死んだでしょう

では、人間側は?

「かわいそうだから」「かわいいから」と

餌をあげ続け

増えてきたら迷惑だから、どうにもならないからと

産まれた仔猫を殺しました

手術できないから、とは言いません

手術できなくて、仔猫が産まれて殺すなら

野良猫に関わるのをやめるべきです

こんな現状で悩んでいる餌やりさんは

たくさんいるでしょう

お願いですから、出産する前に

せめてでも、捨てる前に、殺す前に

相談してください

もちろん、うちに丸投げはできません

依頼者様のがんばりが必要です

ですが、選択肢は、いくつかあります

「殺す」選択肢は

あってはいけないです

抱え込む前に相談すれば

力になってくれる人間は

意外といるものです

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

TNRのご報告

ダンディ父ちゃん現場

(最近ボラさんの中ではダンディ父ちゃんの現場で通用するようになりました(笑))

残すところ、オス2匹!

と、ここで

がんばるダンディ父ちゃん、負傷、、、

父ちゃん、大丈夫ですか?!

時間を見つけて、お見舞いがてらお話しに行きます!

無理しないでね、、、

次はまたまたボラさん大奮闘の現場

ボラさんのがんばりにより

この現場の現状も見えてきました

出産シーズンの今

メスのTNRは慎重に行いましょう

まだまだ依頼はたまっております

やることもりだくさんの中

できる限り動いていきますので

依頼者の皆様、ご協力の程、よろしくお願いいたします

イベント情報

・2017年05月21日 おにっこまつりに出店致します

物資のご支援

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
00190-4-514479

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket