LINEで送る
Pocket

この土日は、毎度ながらいつにも増して、賑やかな週末でした〜

基地に面会に訪問対応に外回りに

土曜日はいつもお世話になっている

彩の猫さん6名様のもひかんツアー、

なんと、写真とるのをスッカリ忘れ(笑)

ワイワイガヤガヤ、狭い基地に人だらけ(笑)

お陰様でボラさん同士もご対面することができ

いつもと違う新鮮な雰囲気でした

それでも、彩の猫ボランティアさん

一生懸命お掃除に精を出してくださり

お陰様で、うちのボラさんたちは

その日は体力的に、楽させてもらっちゃいました

圧迫排尿を練習したボランティアさんは

2時間かからないことが分かったので、また来ます!

と、とっても意欲的でした

多分、その意欲だけで

排泄介助の必要な子が手元にきたら

このボランティアさんは、きっとあっという間にできるようになるでしょう

そんなもんなんですよ

私だって、ほんの2,3年前にはできなかったこと

でも、やるしかなかっただけ

初めて圧迫排尿を覚えた東ックスは

私の中でも、特別な存在なんです

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

東は、交通事故にあい、行き倒れでいるところを

うちのボラさんが見つけました

ご遺体を端に寄せようとしたところ

(うちのボラさんは、ご遺体をみつけると、それ以上轢かれないように端に寄せる人が多いです)

事故のショックで気を失っていたようで

動かない下半身を引きずり、全力で逃げたようです

脊髄損傷で下半身麻痺、出血により貧血になり入院

排泄介助をしたことのなかった私は

「今日退院です」と聞いた時

正直、「どーしよ、、、」でした

当時東は、人が近づけばシャーシャーいうシャー猫

あの頃は、シャー猫に接するのもしんどいのに

その上先生の指示は、圧迫排尿を朝と夜

やらないとダメですか?

と、聞き返したのを覚えています(笑)

当たり前じゃんねぇ(笑)

その日の夜から、毎朝毎夜戦いで(笑)

暴れて怒る東をタオルにくるみ、手先も腕も足も使って抑え、膀胱を手探りで探し、モタモタモタモタ、、、

自分の中でも、よっぽどだったのか

東の圧迫排尿に苦戦していた時のことは

よく覚えているんです

今から思うと、東にはたくさん我慢させてしまいました

とにかく、自分でスムーズにできるようにならんと

人に教える事すらできずですからね

それが今では、新規の介助の必要な子でも

いつでもいらっしゃい!

と言えるようになりました

それは、何かができるようになったから、というより

そういう子達を迎える覚悟が

自分の中で、できてきたのだと思います

まだまだ経験のないことはたくさんあり

でも、そんな子達が目の前に現れても

できるできないは関係なく、逃げずに向き合える自信だけはあります

川ちゃんは折れかけたけどね(笑)

東は今となっては

声をかければ布団に戻り、どうぞお絞り下さい〜と横たわる程になりました

とても、頭のイイコです

そうそう、何を言おうとしたかって

今日、その東ックスは、、、

発見したボラさんの家族の一員となりました

保護から、2年ちょっとだっけかな?

毎週末、ボラに通うボラさんは

平日の夜も熱心に、東の圧迫排尿練習に通い

迎える準備を進めました

そして今日、お家へとお引越し

東は、チビッコたちの面倒を本当によくみてくれました

イイオトコなので、メス猫にも人気者でした(笑)

「あなご、後は任せたよ」

とでも言ってるんですかね(笑)

東は、私がいなくても生きて行ける子になりました

くま、しーちゃんに続き

東ックス、介護部屋卒業です

たくさんの事を教えてくれて、ありがとうね

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

お世話になっている彩の猫さんの、人工肛門の手術を終えたくるみちゃん

代表さん、諦めることなく手術に踏み込み

大変な想いをしながら、ケアを続けていました

そこで、私の得意分野はここでしょう!とでしゃばり(笑)

預かることにしました

お腹に肛門があり、垂れ流しの状態なので

その周りの皮膚が荒れてしまいます

昨夜病院から引き取りましたが、やはり身体はうんこだらけになってしまいます

これを自宅でみていたのか、、、

こりゃー大変だ、、、

でも、くるみ自身も痛くて大変だ、、、

触られる=痛い

が、くるみの中で出来上がってしまっているので

荒れてない所を触っても、怒って鳴きますし

触られる事により、皮膚も引っ張られるので

痛みも実際にあるのだと思います

それでも、大切に保護してもらっていたし

病院でもそれはそれは可愛がって下さってたので

人は大好き、顔を撫でるとゴロゴロゴロゴロ、、、

何とか苦痛を取り除いてあげたい!

俄然やる気が出ました(笑)

お風呂に入れて、ゆっくり張り付いたうんこを溶かします

今日は初めてなので、3人がかりでやりましたが

平日は人手がないので、どうにかひとりでできるように、と思っています

お風呂の後は痛みが減ったのか

少しリラックスした体制で休んでいました

直にうんこが皮膚につかないように、タップリ軟膏をぬり

ご褒美にチュールをナメナメ

くるみ、これからよろしくね!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

木曜、土曜、日曜と病院搬送が続きました

これを見ると、「大丈夫なん?!」っておもうでしょうが

右目はしっかり睨んでます!(笑)

ようやく自力で水を飲み、ご飯を口にする事ができるようになりました

ですがやはり、口を使い出したら、途端に舌から出血

事故で舌も壊死している部分があったので

そこからの出血とのこと

まだまだカテーテルは外せませんし、まだまだ先の不安も拭えずにいますが

少しずつ、元気になっていけばいいね

ポイン、今回は久しぶりとなった供血に出動!

なんのしつけもしちゃーいませんから、当たり前に暴れ馬(笑)

でも、とてもイイコなんです

うちでは暴れ馬で結構なので、暴れ馬のままです(笑)

猟の不要犬として、赤城の山に棄てられたポインが

これまでに供血犬として、一体どれだけの命を救ってきたことでしょう

猟犬→不要犬→保護犬→供血犬

一度は不要犬として遺棄された犬が

今じゃ私の大切な家族で

その上他の犬の命まで救っているんです

これって、とてもすごい事じゃないですか?!

ポインも立派な愛護犬だね♪

でももう、車は壊さないでね(笑)

(前に乗っていた軽自動車の後部座席のシートに穴をあけました(笑))

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

基地でも色々ですが、外も色々

外の案件も同時進行で進みつつあります

明日も現地確認同行、寄居です

最近は、たくさんの相談者さんが本当に真剣に動いて下さっていて

目の前の命を救うのに、一生懸命になってくれています

これには結構感動していて

今までは自分が動かんと何も始まらなかったのですが

しゃべる事は手を動かしながらもできるので、とてもありがたいんです

最近は、話を聞いて想像力をふくらませる事が得意になってきました(笑)

今となっては、本当にたくさんの人達が関わり

共に命を救うことができています

11日の深夜、震災のドラマがテレビでやっていて

ついつい最後まで夜ふかしして見てました

今こうして、やりたい事を精一杯やれるありがたさを

改めて感じました

自分は本当に恵まれている

その事にもっともっと、感謝すべきなんだ、と

もっともっと、がんばります

 

イベント情報

・2020年08月16日 譲渡会のご案内

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket