LINEで送る
Pocket

ここ最近の案件のひとつで

深く反省した事がありました

個人活動者さんからの相談で、ひとつの現場に行ったのですが

多くの猫に、どうやら白血病が蔓延している予想

産まれた生後2〜3ヶ月の子猫たち8頭は、見事に全員猫風邪を患っていて

このままでは死ぬだろうと判断し、全頭治療保護しました

終生の保護ではなく、治療の為の保護です

望みをかけて全頭ウィルスチェックをしましたが、1頭残らず白血病陽性

今思うと、1頭でも陰性が出ていたら、どうにかこうにか交渉して

全頭、飼い主から取り上げていたかもしれません

陰性だから保護して、白血病だから戻す、というのはできず

私の中ではNGな選択

なのに何故、私は最初から全頭保護する選択をしなかったのか、、、

私の中では、守りの考えが働き

費用負担のない白血病の子猫を8頭も保護したら

そしてそんな事を続けていたら

うちは潰れてしまう、と恐れたから、、、

そして飼い主は猫を返して欲しいと言う、室内にも入れてもらえてる、という言い訳もありました

その時私は、一番症状が重かった、小さく弱そうな2匹を残し

6頭を現場に戻しました

治療もしっかりして戻した結果、保護した子達の中でその現場に残っているのは

たったの1頭です

他は皆死んだのでしょう

白血病は、長くても5年の命(まれにもっとがんばれる子達もいます)

どうして私は、あの子達にその5年を与えてあげる勇気が出なかったのかな、、、

例え多くの医療にかけられなくても、今の私には、してあげられる事はたくさんあった

たくさんの支えの中、5年のご飯位、用意してあげられたはずです

そして、現場の環境より、うちにいた方が、いろんな意味でも良かったのではないか、と思います

たった数ヶ月前の事なのに、今なら救えた命、だと思います

どんな形で命が消えていったのかは分かりません

現場の飼い主も分かっていないでしょう

保護した(ある意味取り上げた)2頭のうち1頭は

初期に患っていた猫風邪は回復したものの

その後成長をみせることはなく、治療してもすぐに不調になり

今では死を迎える段階に入っています

その子は食べられなくても

ご飯は必ず用意してもらえるし、特別食を食べさせてもらったり

モコモコハウスを用意してもらったり、抱っこしてもらったり

何より、たくさんの人たちに「生きて欲しい」と想われています

せめて、完璧な医療にかけられなくても

あの子達皆に、こういう死に方をさせてあげるべきでした

後ろを向いた結果は、こうなるんだな、、、と

その時は私なりに精一杯の選択をしたつもりでしたが

時が経過して出た結果により

私の考えは違ったものになっていました

死んだ子達は還ってこないし、後悔して落ち込んでも何もはじまらず

とりあえず、生きているはずの1頭をどうにか取り上げられないか

交渉してみようと思います

前回のブログに書いたように

一般的に愕然とするような現場でも、まだマシだな、と思えるような

もっともっと悲惨な現実を見てきました

私が救うべき命は、どん底にいる命

現場を重ね重ね見ていくうちに

命の長さより、命の終わり方を意識するようになりました

それほど保護活動は、どん底の活動だと

改めて思うのであります

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

その、どん底の猫

交通事故にあい、人間に見つかり、通報され、センター収容

あれよあれよと追い込まれる猫

きっとその間、一週間もないでしょう

一週間前は、外を飛び回っていた猫が、たったの一週間で、殺処分一歩手前です

彩の猫代表より、慌てた電話

目玉の飛び出た猫が南支所に搬送されてくるらしい

死んでしまうかもしれない

緊急引き出しです

ちょうどTNR搬送日、朝霞まで行っていたダンディ父ちゃんに連絡

猫を連れ帰ってもらいました

父ちゃん、大活躍!

飛び出た目玉は諦めるとして、、、右目は生きているのか、、、?

瞳孔に変化なく、指を近づけても反応なし

その日の夜診察の結果、やはり右目の視力も失っていました、、、

全盲か、、、

でも、命あっただけ、良しとしよう

ウーでもシャーでもなく

首元触ると、首を傾け気持ちよさそうにはするのだけれど

ご飯も食べず、感情も見えずです

1日たっても食べないので、少しずつ強食を始めました

頭の中も、おかしくなってるのか、、、

不安は残りますが

なるべく話しかけて、なるべくなでなでして

様子を見ることにします

食べることはとても大事なので、どうにか食べてくれる事を願います

名前は「ジャブ」

あーだこーだ話ながら、いきついたのがジャブ(笑)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

TNR、今週は10頭です

9頭は無事に終わり、元の生活にかえっていきました

1頭はひどい脱水の上、何やらよく鳴くし、身体を丸め込んでいます

ちょいと心配なので、リターンは焦らず

数日様子みて決めようと思っています

今までは20以上のTNRを一気にやっていたので、術前術後が大変でしたが

このくらいの数ならば、まぁ、どうにかどうにか

ダンディ父ちゃんは朝霞を3往復

ゲージの積み下ろしだけでも大変なものです

一切の文句も言わず、弱音も吐かず、センターまでも行ってくれ

今週も3往復です

環境が整っていない熊谷

環境課の提案も、私にしてみたら全く意味がない、、、

私は愛護のTNRをやってるんです!

って、電話しなくちゃ、、、(笑)

その上野良猫多く、ひとつの現場の数が多いので

TNRといっても、それはそれは大変な作業です

今日には9頭がリターンできたので、一安心です

一安心も束の間、捕獲が始まります

今週は12頭の予定

みんな、イイコだから、ちゃんと捕まってね〜

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

TNRが入ると、何やかんやと忙しくなる上に

ちょいと心配な子達も増え

交通事故から顎が砕けたこの子も

無事に大掛かりな手術を終え、基地に戻っています

顔の腫れも、日に日に良くなってるようです

しばらくは口から飲み食いができず

顔を拭いてあげるんですが

今日は大分力が入るようになったみたいで

うまいこといきません、、、

1日4回カテーテル給餌をしています

声になっていないけれど、多分この子にしてみたら

「シャーッ」なんだろうな、みたいな音も出すようになりました(笑)

少し前なら、慣れてない猫の、ここまでの負傷のお世話は

心が折れていただろうなぁ、、、と思います

猫が怖いとかじゃなく、神経使うんですよね

それでも、今まで大変だったたくさんの子達の回復をみてきてるので

その子達のお陰様で、向き合う事ができていると思います

何より、一番辛いのは猫ですからね

美味しいご飯を、お腹いっぱい食べられるようになるまで

もう少し、がんばろうね!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

全盲のぶいちゃん

保護当時

視力の回復を試みたものの、叶わず

両目の眼球摘出手術を乗り越え

術後のケアを続け

全てが落ち着き、介護部屋にフリーです!

まずはちゃんと挨拶をして、エイプに迎えてもらい

ご飯の場所を確認

そして恐る恐るみんなの輪に入りました

ビックリしました

初めての部屋で、まるで見えているかのような動き

ぶいちゃんは眼球自体がないので、光さえありません

一部始終をみていて、何だかとても嬉しくてたまらんかったです

長かったね、本当によくがんばったよ、、、

もう、淋しくないねぇ、、、

保護からここまでの間に、身体もひとまわり大きくなりました

負傷猫たちの回復は、私の勇気や自信になります

ぶいちゃん、がんばってくれて、ありがとうね

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

川ちゃんもまた、愛しくてならんです

1日に3~4回繰り返すおむつ交換と傷のケア

傷は残すところ、あとほんのちょっぴりです

毎度嫌そうな顔をして抵抗を試みるのですが(笑)

私にはシャー言いません(脅かせば言うと思いますが、そこは丁寧に接しています)

この子とは、何か、会話ができているかのような感覚があります

ネックウォーマーが前後ろ逆になっていて

ぶら下がっている紐に川ちゃんから手を出しました

なんだ、余裕じゃんか(笑)

と思って目が合うと

すぐに手を引っ込め、プイッと外を向きました(笑)

この子とは、こんな些細なやりとりで楽しむ事ができています

顔を近づけても、ギューッてしても

とりあえず、我慢してくれています(笑)

左足がないので、こんなふうに術後服の足の部分をクロスして

オムツカバーがはずれないようにしています

まだ、万が一傷がむき出しになっていたら自傷の恐れがあるため

洋服、パンツは脱がせられませんが

傷が完全に塞がれば、少し、楽になるでしょう

私と川ちゃんの距離は

本当に本当に少しずつだけれど、近づいているようです

私から逃げようとすることは度々だけれど

川ちゃんから私にアクションするのは、ご飯の時だけでしたから

ネックウォーマーにちょい!は

さすがにニヤケました〜

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

皆様から届く物資のご報告が次々と入っております

いつも寄り添い、力を貸して下さる皆様

本当にお陰様の活動です

まだまだ未熟ですが

これからも前向きにたくさんの経験を積み

もっともっとたくさんのどん底の子達に手を差し出せるように、努力していきます

皆様のお力添え、心より感謝致します!

イベント情報

・2020年08月16日 譲渡会のご案内

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket