LINEで送る
Pocket

年末年始と、たくさんの方からご挨拶を頂いております

皆が共に命を救ってきた仲間たち

皆がいたからこそ、救えた命の多いこと多いこと

日頃からもひかんの活動を支えて下さる皆様に

一年間の感謝と御礼を、この場でお伝えします

お陰さまで、昨年も、例年以上の活動をしてこられたと思っています

今年も皆で一団となって

ひとつひとつの命に向き合い、ひとつひとつ出来ること、やっていきましょう

皆様、今年ももひかん王国を

どうぞよろしくお願い申し上げます

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

日々予定通りにいくはずのないもひかん王国

断脚手術を受けた川ちゃんも、皮膚が全て覆った状態で退院し

看護婦さんに「これで良い年越しが過ごせます!」なーんて言ってきたのですが

一年の〆、大晦日に、私は再びいつにも増して焦っていました(笑)

昼間の保護依頼、片足がぶらんぶらん

外傷がないことを確認したつもりでしたが

一般の人が見て、分かるはずもないですよね、、、

保護した猫をどうすることもできず、病院もどこも休み

困っていたし、ならばうちで年越して、休み明け一番で病院へ、、、の方が懸命だと思い、保護依頼を受けました

今年全てのやるべきことを終わらせてから、猫を迎えに、既に時間は20時過ぎ

玄関にお邪魔し、キャリーに近づくなり、腐敗臭が、、、

え、、、!!ウソでしょ、、、

臭いだけでマズイ、と思い

夜間?どこの?家族との約束はどうする?

頭の中はぐーるぐる(笑)

今から思うと、そのくらい想定して保護に向かうべきなんですがね

まだまだ甘い私は、「外傷がない」に安心しきって向かったもんでね、、、

臭いが臭いなら、ひどいもんです

前足がちぎれる寸前、先はパンパンに腫れ上がり、足先が変な方向に向いています

移動だけでももぎれるのではないかとヒヤヒヤする程

もし血が吹き出したらどうする?感染症は??

抗生物質は何がいいか?患部はどうしたらいいのか?

死なせてしまうかもしれない恐怖が込み上げました

結局抗生物質飲ませて強食はしたものの、それ以上は素人の私にはいじる勇気はなく、、、

結局悩んだ末、神様先生に泣きつき、診てもらいました

負傷から時間が経っているのでしょう、かなり腐っていますが

パンパンに腫れ上がった足先はまだ温かく、血流がありました

骨は折れていたので、神経とか血管とかで繋がっていたのかな、、、

早めに断脚とのこと

血流を止めるために患部を縛り、そのまま入院となりました

それにしても、大晦日の夜、、、

もちろん、私が巻き込んだのはみどりーぬ

大晦日の夜遅くに猫に合わせて動ける人、ここしか思い付かん(笑)

もひかんは、月の20日前後病院に診察に行っており、病院には常にお世話になり続けています

一年の最後の最後まで、先生は活動に寄り添ってくださいました

本当に、ありがとうございました

思えば、昨年の元旦は、かあちゃんが発作を起こし、救急病院に行きました

そして晦日も緊急病院

もちろん緊急がなくても、もひかんは大晦日でも元旦でも、いつも通り大忙しなんですが

猫に焦って始まり、猫に焦って終わった一年となりました(笑)

そして今日は昨夜道連れとなったみどりーぬから

くらーい声で「あけおめ~ことよろ~」と電話が(笑)

なんなんだよ(笑)と思ったら

やっぱり猫

昨夜付き合わせたし、しょーがないか、、、(笑)

そして衰弱猫の捕獲から始まった元旦となりました(笑)

基地で応急処置をして

病院の休み明け、一番で診察予定です

まぁ、これでこそもひかん、って感じですかね(笑)

お陰さまで年越しカウントダウンは、家族と甥っ子家族と共に過ごす事ができました

しばらく見ない間に、甥っ子はビックリする程大人っぽくなっていて

(写真では感じないでしょうが(笑)ちなみに、真ん中の二人が息子と娘です)

子供たちの成長に、時の過ぎる速さを感じました

こうして、ひさしぶりに元気で会えることが

何より幸せだと、つくづく思います

活動を始めて、犬猫たちは「生きること」が当たり前でなく

それが人間の手により左右されているのをこの目でみてきました

きっと、このコロナ真っ直中にも関わらず

人間が年越しで浮かれてるこの時にも、命を落としている犬猫はたくさんいて

少しでもそんな子達に寄り添っていきたいと思いました

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

例年、大晦日、元旦となると、人手が心配なものなんですが

この年越しは、基地の作業がスムーズに終わる位のボラさんが集まってくれ

朝イチのボラさんは朝早くから

昼のボラさんもいつもと変わらず

夜担当は、晦日も元旦も変わらず世話にきて、1日の〆をやっていきました

誰かがやらねば、困るのは犬猫

私は外に出ることも多いし、外の人達と話すことも多いので

「ありがとう」「偉いね」「頑張ってますね」

なんてことは良く言われるもんなんですが

ボラさんたちって、誰に誉められる訳でもなく、ただただ犬猫の為に

毎日毎日活動しているんです

がんばる代償が、誰かに感謝されることならば

このボランティアは続きません

うちのボランティアは、素晴らしい人達の集まりです

だからこそ、200頭弱の犬猫たちがこの狭い秘密基地で

何一つ困ることなく、清潔な部屋で、美味しいご飯を食べて、安心して眠れる訳です

そして、年越し、元旦のご飯は、いつもより豪華に

ドライフードに、魔法の粉、いつものウエットにプラス豪華なウェットをふんだんに

鰹節もふんだんに入れて混ぜ混ぜ

猫たち、大喜びです♪

相変わらず年末も焦り、元旦は捕獲に神経をピリピリさせましたが

いつも通りっちゃいつも通りの年越しに、感謝感謝です

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

川ちゃん

年の瀬に断脚手術を行い、基地に帰ってきました

相変わらずカラーを外すと顔が傷口にいくので

夜や目をかけられない時はダブルカラーです

が、前ほど患部への執着心はなく

もしかしたら傷口が完全に塞がれば、自傷行為はなくなるかも、と思っています

カラーをしていると、自力で飲み食いができないので

見ていられる時はカラーを外し、手術跡を隠し、様子を見ています

最初はこんな感じで、カラーを腰につけてみて

自由が嬉しいようで、猫たちの中に潜っていきました

猫同士でも慰めあえる、うちのいいとこです

傷口が心配で、今度はオムツをつけてみて

スカートみたいでかわいいっしょ(笑)

それにしても、東のお尻を枕に(笑)

東は女子にモテるねぇ(笑)

それでも、手術前は一瞬の隙に患部をかじられてしまったのと、カラースカートは動きにくいようなので(ただでさえ、ほぼ移動しません)

念には念を

おパンツ履かせてみました

断脚前に、下半身は麻痺しているので、オシッコウンコは垂れ流し

中にはオムツがそのままですが

手術跡部分に糞尿がつくのは良くないので、オシッコをまめに絞っています

左後足がない、手術跡の部分の穴を塞ぎ、少し様子を見てましたが

これでも元気になってきたら危ないかもですねぇ

少しですが、自力でご飯も食べるので

どうにか少しでもストレスを軽減させてあげたい所です

夜にはゲージに入れてダブルカラー

最初はフーシャー怒っていた川ちゃん

必至になっているうちに、いつの間にか甘えるようになっていました

出してくれ、と甘えた声で鳴きます

それはそれはもう、可愛くて愛しくてならん(笑)

本当に、生きていてくれて、ありがとうね

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

てはでは、お正月も残り僅か

皆様、良い三ヶ日をお過ごし下さい~

今年は新規の場所で、譲渡会も始まります

うちの子達がより幸せになれるよう

困っている外の子たちを少しでも多く救えるよう

困る子達が少しでも減るように

がんばります!

 

イベント情報

・2020年08月16日 譲渡会のご案内

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket