LINEで送る
Pocket

まずは里親様大募集!

TNR の依頼から手術を始めたものの

賢い三毛猫さん、なかなか捕まらず出産、、、

子猫含めてTNR の予定を立てていましたが、なんと三毛猫さん、育児放棄をしまして、、、

その頃掃除機シリーズ3頭の乳飲み子を抱えていた私は保護が厳しく

乳飲み子の育て方を伝授しながら、依頼者さんが育ててくれました

もちろん、親猫は手術終了しています

この現場に産まれた最後のチビッ子たち

素敵な里親様と巡り会えるのを願っています

もちろん譲渡についても、私と担当者から色々とレクチャーしてありますので

もひかん経由じゃないからといって、手軽にもらえる訳ではありません

小さな子供を抱えながら、この依頼者さんは、たくさんの愛情をかけて育てました

その想いを受け、この子達を大切な家族として迎えて下さる方がおりましたら

亀田 08068672871

又は、もひかん王国 07031571122

まで、ご連絡お待ちしております

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

本当に本当に今更ですが

カレンダー、買って下さい(笑)

うちの子達、盛りだくさん(笑)

施設の作業最優先のもひかんでは、なかなかこういったグッズ製作の時間をとるのは難しく

また、売る事に時間をかけるのも難しく

気がつけば今年もあと僅か、、、

シビレをきらして、Twitterでは一足先に載せているようです

何を隠そう、毎回ブログをうつ度に忘れていたのは

この私です、、、(笑)

お部屋の飾りとして、いかがでしょ?

みなさーん、よろしくお願いします!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

この年末、毎日のように支援者様から必要物資が届いています

確か今年は年明けにゴハンが足りなくなり、買い物に行った記憶が、、、

来年はそんなことになるまい!と準備を、、、

と思っていたら、何と支援者様がうちの子達のご飯をたくさん送ってくれています

何とありがたい、、、

本当にいつもいつも、頼りになる支援者様

うちの子達は、たーくさんの人達に守られています

ありがとうございます!

そして、ディアペットさんからも、年末大サービスの物資を頂きました

うちには要介護の猫が多く、老犬もいるので

オムツ、ペットシーツの消費はかなりのスピードです

特にペットシーツは、個々の支援者様からいただくものと合わせ、足りなくなる事がほぼありません

これは本当にすごい、、、と思います

今、排泄介助の必要な猫は9頭いますし

犬もあわせ、おむつをつけている子達は5頭

1日4回のオムツ交換をしていて、お陰さまでみんなのお尻は常に清潔を保っております!

そして、たくさんのご支援があるからこそできる

おやつパーティー♪

今回は年末なので贅沢に、ウエットパーティーです

いつもは鰹節パーティーですが

多頭で暮らすうちの子達には、こんな目がキラキラするような楽しみが必要なんです

主催はもちろんこの方、みどりーぬ(笑)

もちろん、大切なご支援ですから、無駄なく、大切に

立ち寄る地域猫にもスペシャルおやつを与えながら

ちょっと、、、ピンクの、バケツが可哀想(笑)

大きさ考えてよ(笑)

些細な事ですが、もひかんでは節約を心がけていて

とりあえず、あるもので何とかしようとします

そしてやってみてどうしても必要ならば、そこに経費をかけます

皆様から頂く、大切な支援金、支援物資です

医療費は惜しみませんが

色々な所で工夫をして、少しでもたくさんの命が救えるように、、です

さて、いざパーティー♪

180頭分のおやつですから

空けてお皿に盛るのも、かなり大変なのに

一番大変な想いをした主催者は、猫の喜ぶ姿見れず(笑)

みんな、丸々太っとるねぇ、、、(笑)

一匹残さずおやつを食べた所で、いーとこにボラさん追加で皿洗い(笑)

うちは決して人手が足りてる訳ではないんですがね

本当にもひかんは、うまくできてるというか、都合よくいくというか、、、(笑)

うちの団体は、外でのフットワークは鈍いですが

基地内はいつもボラさんたちがいて笑いがあり

関係者の方々の訪問も絶えずあり

楽しい雰囲気の裏には、たくさんの人達の想いと努力が詰まっています

確かに毎日の世話は大変です

でも、どっちにしろ大変ならば

大変だ大変だ言いながら眉間にしわ寄せてやるより

笑いながらやったほうが楽しいと思うんですよね

そうするといつの間にか、大変じゃなくなっちゃうもんなんですよ(笑)

何事も経験は力なり

長くいるボラさんたちなんか、まさにそんな感じです(笑)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

飼育放棄の中には、高齢者、単身者の関係が結構多く

うちにくる相談は、決まって高齢者や単身者の入院や入所です

今回は北本にある、「北里大学メディカルセンター」からの相談

脳梗塞で倒れ、救急車で搬送された患者さんに、飼い猫がいることが分かり

家族はなし、、、

猫の行き場がないのか、、、と話を聞いていると

搬送されたのは5日前だと言う

、、、え?じゃあ猫は?!

「そのままです」

おいおい、、、5日間ですよ、5日間!

何よりもその子のレスキューが最優先

想像よりも病院側の対応は良く、何度かのやり取りで話はすんなり決まり

問題なのは、レスキュー時の病院側の立ち会いが無理だということ

警察頼るしかないのかな、、、

と、そうだ、こんな時は経験豊富なあのお方だ!

ということで、彩の猫代表を頼り、現場レスキューまで巻き添え、、、(笑)

いきなり電話して、2時間後に現地

ふたこと返事でオッケーもらい、代表のその行動力に感動しました

この人が暇してる訳がないのは分かっています

、、、現地まで一時間以上かかりますからね

いざという時の、この方の突っ走り具合、私は大好きです

本当に頼りになる、私の頑固さも理解してくれる、姉さん的存在です

現地いく頃には辺りは真っ暗

鍵を預り(もちろん、委任状を頂きました)、いざ侵入、、、

さすがの私も、ひとりなら心細かった

本当に頼って良かった、、、と

飼い猫だったあべちゃんは、タモを使ったものの、難なく捕獲

今は預りとして、ケージ生活をしています

飼い主さんの容態により、今後は変わってくるでしょう

とりあえず年明けまではこのまま、、、と思っています

単身で犬猫を飼育している方

万一の備えはできていますか?

あなたにもしもの時に、生きることに困ってしまうのは

あなたが大切で愛していた、犬猫です

備えは必須、守る相手は命ですから

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ほぼ毎日のように病院搬送のあるもひかんでは

恐怖の年末年始です

今日じゃなくても大丈夫、でも心配は残る組を連れて診察へ

川ちゃんも果たして貧血改善まで待って大丈夫なものか心配でしたので

もう一度診てもらいました

やはり最後に咬みちぎった辺りから、その下の脚の壊死が始まっていて

本日断脚手術となりました

貧血なので、輸血しながらの手術です

手術前夜、抱っこで、、、

上の方の肉は、何とか盛り上がってきていたのに、何とも残念ですが

脚より何より、私はこの子はこのままでは命を落としてしまうのではないか

私ではこの子を殺してしまうのではないか、と恐怖さえありました

(前回のブログに経緯をのせています)

リスクのある手術でも、迷いはなく

これも、先生を信頼できるからこそ、だと思います

愛護をやる中、自分の中で、何があっても後悔の残らない先生に出会えたことは

私にとってはとても大きな大きな事なんです

手術は無事に終わりました

川ちゃんは生きています

それだけでも、本当に良かった、、、

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

眼球突出のぶいちゃん

まばたきなんてとんでもない話

飛び出た膿や眼球が乾いてしまうので、瞼を縫い合わせてもらいました

これが眼帯の代わりになり、保湿できるそう、、、

痛々しいけれど、これで少しでも楽になれば、、、

相変わらず食欲はあり、全身の状態を上げて、眼球のケアを続けていきます

まだ片目を諦めるのは早いとのことなので(片目は回復不能です)

縫い合わせた眼球の状態次第で、眼球摘出手術

片目になるか、両目になるか、、、です

できたら残してあげたいです

でも大丈夫!

うちには両目のない子達も問題なく暮らしています

私たちが目にする命たちは

命あるだけでも良かった、と思える世界です

それだけでも、私の中ではホッとするもんなんです

こっつんは無事抜糸が終わりました

カインズはどうやら尻尾の骨折部分から先が壊死してきています

最近はホラーな世界へようこそ、と言われているような気がします(笑)

こういったものに強いとはいえ、さすがに目を覆いたくなるようなことも多く

でもやはり目を離せず、みています

経験、経験、経験、何ごともやってみるに越したことはない

今までで命を救うのに、経験が一番役にたってきましたからね!

頭が使えないからかもしれませんが、、、(笑)

太ももに真菌ができ、常日頃免疫を蓄えている私は、そうそう真菌なんかにやられやしないのですが

あー、あれだ、久しぶりに一瞬心が折れたからそのせいだと思い

更に前向きにいくことにしました(笑)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

個人活動している方が、泣きつくこともなく、必死に活動しています

責任感があり、私より遥かに真面目で

きっと心労も大きいだろうな、、、と気持ちが痛いほど分かります

長期間かかった捕獲の上に、親子バラバラになり

その他の現場の猫たちは次々に消え

きっと、泣きたくなったでしょう

親は少し前にお腹に腫瘍があるかも?と捕獲して医療にかけたこぶちゃん

お腹のこぶはデベソで、不妊手術とともに、治してもらいました

リターンも視野に入れ、こぶちゃんの連れていた子供たちはその方に保護されていましたが

親子共に保護の依頼を受け

本日2ヶ月ぶりに親子再開!

覚えてないのでは、、、?と思い、別の個室を用意しましたが

網越しに対面させると、あら、、、?覚えてるかも!

思いきってこぶちゃんのケージに子供たちを入れると

こぶちゃん、舐めてあげてるじゃないですか~

あぁ、良かったねぇ

これで、親子水入らずだ

親子バラバラになりせざるを得なかったにしても

依頼者さんは、それを悔やんでいました

この姿をみて、それはそれは喜んでくれ

あー、この人は本当に根子の為にやっているんだな、、、と

だからこそ、活動してると辛いこと、たくさんあるだろな、、、と、、、

結果オーライ

うちでは保護しても、親子をバラバラになんて絶対しません

譲渡のために、子猫をはなし、慣れさせ、譲渡に向ける方も多くいますが

そんなの、ブリーダーのやり方と変わらん、と思っています

好きなだけ親子でいたらいい、と思います

そして、猫のペースでヒトに慣れ、親離れ子離れしたときが、譲渡の時かな、と

現に、ピアの親子も、クロコ親子も、未だに親子一緒

ピアノ親子なんて、大部屋に親子でデビューしたのに

未だに親子で寝てますからね

50~60頭いるこの部屋で、ちゃんと、こーなります

近寄るとせっかくの親子みずいらずが台無しなので、引目で(笑)

こんな姿を見ると、あー、保護して良かった、と思います

うちの保護活動は

居場所のない子達の居場所としてやっています

譲渡できるかできないか、は関係ありません

このスタンスをいつまでも継続していけるように、日々活動に励みたいと思います!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

またまたながーくなってしまいましたが

ご愛読ありがとうございました

皆様、今年もお世話になりました

年内はブログを上げる余裕は無さそうなので、先にご挨拶

皆様、良い年末をお過ごし下さい

そして来年も引き続きもひかんを、どうぞよろしくお願い致します!

イベント情報

・2020年08月16日 譲渡会のご案内

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket