LINEで送る
Pocket

頭からご支援のお願いで恐縮です

日常的に使用している「ティッシュ」が不足してきました

介護や乳飲み子が増えると、どうしても消費のスピードが上がります

それに加え、オムツの消費も激しいです

腹巻きタイプのマナー(S.M)

パンツタイプのオムツ(3S,SS,人間用テープオムツS.M)

それから、古タオル、新聞紙、ゴミ袋(厚手)、猫用ウエットフードも引き続きのご支援頂けたらとても助かります

皆様の少しずつのご協力を頂けたらと思います

どうぞ、よろしくお願い申し上げます

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

掃除機シリーズ、ダイソン、マキタ、ルンバの離乳完了!

突然やってきた離乳に、ご支援のお陰さまで対応でしました(どうにでもなると思っているので、準備が悪いんですね、、、)

今ではロイカナマザーベビーミルク入りを

1日に4~5回も食べています

暴れて、食べて、眠って、、、

おーきくおーきくなりんさい~♪

ほっとしたところでやってきた乳飲み子、、、

ここまで育っていれば楽勝です♪

1日に6回前後のミルクをあげますが

1日の中で、この子の世話をするのは、合わせても大した時間ではありません

たった少しの時間をこの子に充てるだけで

この子は生きる事ができる、、、

と、思えば

保護しない理由はないですね

ご飯や投薬、ちびたちや介護組の世話でバタバタする時間を

ミルクタイムからずらすように調整しています

うちは一旦ご飯を始めたりすると

食いしん坊ばかりなので、途中ストップはなかなかできないもので(笑)

こないだは、離乳食組とミルクとちびたちと

全員がご飯くれ~って始まり、あたふたあたふた(笑)

みんなそれぞれご飯が違うし

それを盗もうと食いしん坊は集まってくるし(笑)

あぁ、せめて

ご飯作りは猫のいない場所でできたらなぁと

思う今日この頃

いつもご飯をつくりながら

「今あげるよ」「待っててね待っててね」

ご飯を出す時は

「いっぱい食べな~」

これが口癖(笑)

出したご飯を美味しそうに食べる姿を見ては、幸せそうに眠る姿を見ては

幸せを感じるものです

うちの子達は皆、居場所さえなくなった子達ですからね

話がずれましたが

べっくん、ようこそもひかんへ!

おーきくおーきくなるんよ~

よく飲む、親孝行なべっくんです♪

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

カエルも寒いのかな、、、

朝と夜は、めっきり寒くなりました

こないだまでエアコンつけてたのに

冷え性の私は、もう長袖なしではいられません

冬がやってきますね、、、

この頃になると、春からの保護子猫の不妊に忙しくなり

また、ウイルスの蔓延の季節でもあり

まだ成猫にならない子猫たちは、ウイルスにやられやすい季節になります

これから、清掃がとても大切な季節になります

特に、数のいる大部屋には

子猫たちもフリーになりつつあるので、要注意

そしてその子猫たち、FIP 発症は

ここでいかに免疫力を維持するか、、、も大切だと思っています

環境上、オスは早めに去勢をしますが

メスはもう少ししっかり大きくなるまで、伸ばしたいと思っています

不妊手術は早いか遅いか、に限るなぁと最近は思っていますが

小さな猫の手術には、色々と不安があるもので

急ぐ理由がない保護猫たちは

どうしても遅い時期を選びます

今の猫たちは、本当に弱く小さい子が多く

うちの保護数の中だからこそ

立派に育てるのには、あれよこれよと手がかかるものなんです

一番恐れているFIP 、、、

今年はどうか、発症がありませんように、、、

そのためには、まずは免疫力維持!

ウイルス撲滅!

できる限り、努力していこうと思っています

お掃除ボラさんたち、どうぞよろしくお願いします!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

そういえぱ、昨夜は久しぶりに満足するほど眠ったようで、、、

布団に入ればあっという間に意識がとび

起きたら朝、、、がほとんど

活動が始まってから、夢を見ることがほぼないのですが

久しぶりに見た夢が、、、

ポイン脱走(笑)

逃げた瞬間の血の気が引く感覚と

手元に戻った時の安堵感が、ものすごく印象的で(笑)

夢でも犬猫か、、、と

起きてから思わず笑ってしまいました(笑)

新規保護が重なり

傷病や子猫が多いので身体も神経も忙しくなってきています

と、ここで始まるTNR

日々届くご支援、猫を想っての来客、週末には2頭一緒の譲渡も決まり

踏ん張りを効かせるには充分すぎる程の、皆様からのご協力、ご理解です

本当にありがとうございます

最近の相談には、保護初期に気を付けることや

乳飲み子の育て方などの相談も多く

ちょいと乳飲み子の育て方について、、、

ミルクをあげる感覚については、やっていくうちに、が大きいと思いますが、、、

まず多いのが、買った哺乳瓶をそのまま使い、飲んでくれない、というもの

買ったままの乳首では、小さな子猫は、ミルクをうまく吸い出せませんので

微妙にカットしたり、楊枝を使ったりして

少し穴をあけます

そこそこ育った乳飲み子には、それなりの大きな穴をあけます

楊枝の先っぽと、頭の大きさの違い、、かな

口元で空気を抜くのが苦手な子も多く

吸う力が多く必要だと、お腹いっぱいになる前に

疲れて飲むのをやめてしまいます

哺乳瓶の蓋は緩めにしめ

咥えた瞬間に、ほんの少し哺乳瓶を押して

ミルクが口のなかに出ることで、吸い出す子が多いです

咥えさせる前に、どの程度出るか確認するといいでしょう

産まれてすぐの子猫はシリンジで飲ませるのもありでしょうが

私は生後すぐでも哺乳瓶を使います

産まれてすぐでも、弱っていなければ、子猫は哺乳瓶を吸えますよ

自分の力で吸って飲むほうが、誤飲の危険も少ないと思います

弱っている子猫でも、1日~3日、シリンジで飲ませていれば

吸い付く力は出てきます

私は吸わせるのは得意なので、近ければ伝授しにいきますので

いつでもご連絡下さいね♪

後、慌ててグビグビ飲む子達は、飲み終わってから背中を耳にあて

音を聞きます(聴診器があればそれでオッケー)

雑音が聞こえ、あれ?と思ったら

音が聞こえなくなるまで、頭を少し下に下げてトントンします

(下げすぎるとミルクがでてしまい、これもまた誤飲の原因になるので注意)

お陰さまで、ここ数年、誤飲で肺炎起こす子はゼロです

そして、ミルクの最初は便秘になりやすいですが

一度出ると緩くなる子が多いです

もしかしたら、、、いまの野良猫母さんの母乳は

栄養価が低いのかな、、、と思っています

ただでさえ過酷な生活の中での子育て、母猫は皆ガリガリに痩せ細ります

なので、母乳にも満足に栄養がいかないのでは、、、と思っています

ミルクには栄養がたっぷり

成猫でも子猫でも

保護初期に一気に栄養価の高いご飯をあげると

とんでもない下痢とともに、一気に食欲不振に陥ります

もしかしたら、乳飲み子にも同じことが起きているんじゃないか、、、と思っていて

私は保護初期の乳飲み子にも、薄いミルクを与えるようにしています

(大袈裟に言うと、ミルクは濃いと下痢、薄いと便秘です)

ミルクは基本うちではゴールデンキャットを使っていて

下痢が収まらずの子達はメーカーを変えたりしますが

生後すぐの保護でも、問題なく育っていると思います

そして、離乳期には何といっても

ロイカナマザーベビーです

これは、ほとんどの子達がよく食べます

ミルクを長期に渡って与えると、FIP 発症確率が下がると聞いて

結構遅くまでミルクは離乳食に混ぜています

吉とでても凶と出ることはないと思います

離乳期には、高いと思っても、いいものを使うべきです

猫は子猫も成猫も(人間もですが)、免疫力が基本ですからね

特に子猫は

体調を崩してからどん底までの時間が短く

風邪ウイルスをもらってしまうと、一晩で目が空かないくらいに腫れ上がります

なので、免疫力を高める質のいいミルク、ご飯

それと、日々の環境をより良くすること

それには、掃除掃除掃除!

子猫は回復も早いけれど

落ちていくのも早いので、要注意

神経使います

なので、私は成猫の保護のほうが好きです(笑)

まぁ、文章にしてもなかなか伝わらないかと思うので

子猫を育てるのに不安を感じたら、まずは電話でご相談下さい!

センターでも、子猫の育て方を「ボランティアさんに聞いて下さい」というらしく

獣医が揃った職場でもそんなもんで

獣医さんならどこでも乳飲み子の育て方を教えられる訳でもないです

愛護は経験が大切だと、今になってしみじみ感じてますし

経験が浅かった私に経験させてくれた子達には、感謝してもしきれない想いです

そしてそれは今も同じで

5年後、10年後のために

今色々と経験をさせてもらっているのだと

疲れた時にこそ、思うようにしています

私の目の前に現れる犬猫たちは

現実を知った私にとっては「いつ死んでも不思議はない」子達

精一杯向き合うべきだと、思っています

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

なんだかんだと1日が忙しく、私は睡眠も欠かせないもので

色々な調整がギリギリになってしまっています

ご迷惑をおかけしますが

TNR の段取りも、ようやく頭の中で定まってきており

お届けの日程もそろそろ組めそうです

今予定してることでも、11月半ば過ぎまでかかると思われますが

11月には「県民の日」に、埼玉県動物指導センターで譲渡会が行われます

まだまだ、というより、一層コロナに注意をするべき時期だと思っていますが

行政機関の催し物なので、何かと安心かな、、と思っております

人数は最小で、猫も多くの参加はしませんが

(猫にも向き不向きがあるもんで、、、というか、向いてる猫は本当にまれだと思っています)

うちには譲渡対象の子達がたーくさんおりますので

よいご縁が繋がれば、と思っております

皆様、引き続きコロナに警戒しつつのご来場をお待ちしております

時間などの詳細はまた後日詳しくお知らせ致します

イベント情報

・2020年08月16日 譲渡会のご案内

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket