LINEで送る
Pocket

金曜日、土曜日とお届けが続き

6頭の生涯の家族が決まりました

大変お待たせしたお届けになってしまいましたが

うちの里親様たちは本当に理解があり、いつも快く自宅に招いて頂いてます

うちの譲渡は、届けに行くときにはかなりの確信がある状態ですし

今までトライアルで帰ってきた例は、もひかん始まってから、1件しかありません

そして、その1件は私の未熟さ故であり

そのせいで、保護猫にはストレスのみをかけてしまいました

今でもとても反省しています

今ではトライアルは、猫の様子や先住さんとの相性をみる期間ではなく

私と里親様の信頼関係をより深める期間だと思っています

先住犬猫含め、ご家庭を想像し、よく考えた上でトライアルを決めるので

よっぽどの事がない限り、返される可能性がある譲渡はしていません

私も里親様も、それだけの覚悟がある上での譲渡です

最近では、「譲渡先を探して下さい」

という依頼がよくきますが

私はうちの保護猫を譲渡する条件が一番いいと思って譲渡していますので

安易にその依頼は受けていません

もちろん、一生懸命やる依頼者様のサポートは全力でしますが

だいたいの人は、そこまでやるの?とガッカリされます

それに、うちにはいつでも譲渡対象の猫がたくさんいます

焦った譲渡が一番良くないし、それを確実に実行するために、譲渡前提の保護は一切しません

迎え入れるときは、いつまでもここで暮らしたらいいよ

という気持ちでいますから

お嫁にいくときは、今より幸せになる!

が絶対条件

そして、何があってもその子と暮らす覚悟、その子を看取る覚悟がなければ

犬猫は迎えるべきではありません

簡単なようで、一番難しいのが譲渡なんです

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

傷病猫の保護がありました

ガリガリに痩せ、自分の力で身体を支えられません

顔が異常に腫れあがり

診察の結果、顔の腫れは全て膿でした

右オデコに傷、背中にも脱毛と傷

本当に、野良猫の環境は過酷です

そして、センター収容猫も傷病猫も、未去勢のオス率が高く

せめてTNR してあれば、こんなことには巻き込まれずに済んだかもしれないのに、、、

オスもメスも、とにかく不妊手術です!

猫にとっても人にとってもいいことしかないんですから

絶対に不妊手術は必要です!

相談の電話から、依頼者様はすぐに猫を捕獲し

夜遅くにも関わらず、基地まで搬送して下さったのです

見過ごせばそれまでの命

この子は心ある方のお陰さまで

厳しい状態ではありますが、ギリギリ命が繋がっています

何とか、ヤマを越えて欲しい、、、

とにかく、生きて!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

うちの医療部ツートップ

このふたりのお陰さまで、悩み続けていた口内炎に光がみえてきました

個体差はありますが、先が見えてしまっていた子達が、良く食べ、ふっくらしてきたのです

これはかなり嬉しい出来事でした

人がひとり介入することにより

いくつかの意見が増え、話し合い、より改善していく

とても良いことだと思います!

医療だけに関わらず、うちの猫たちはたくさんの人たちにより

常に猫たちがより良い環境で暮らせるように、意見が飛び交っています

そして、たくさんの人たちの想いにより、生きていくことが出来ています

本当に、うちの子は幸せ

例え不治の病を抱えていても

人に想われて逝くべき、と思います

*しずかのカラーですが

プラの素材は、自由に動くしずかにとっては固く

水や食事がうまくいかず

布製のものは、少し重そうで、外れやすく

がさばらずに、軽量で、生活のしやすいカラーがありましたら

教えて頂けたら幸いです

(しずかはセンターより引き出した猫

右首の腫瘍は、色々検査をしましたが、既に切除できない状態でした

残された生活をより快適に、楽しく暮らせるようにと、試行錯誤しています)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

あら?かいちゃん、みんなとご飯?

重度の疥癬におかされてたかいちゃんも

みんなの仲間入りです

あにゃ~ごの本は、そろそろ届くとか!

皆様、お楽しみに!

そして、娘が育てた子猫たち5匹は自宅から基地に移動

(写真取り忘れたので後程)

今日自宅ではお別れをしっかりし、写真をとりまくったそうで(笑)

旦那と共に、子供たちを基地まで連れてきました

いつまでも手元に置いておきたかったでしょうにね

でもね、自分の感情ばかりを優先していたら、多くの子達は助けられないもので

娘にとっては、とても複雑でしょうが

必至にそれを出すまいと、背伸びをして我慢してます

後は母ちゃんに任せなさい~!

それに、娘に休む暇はない(笑)

娘は、5匹と別れた今日から、私がミルクで育てた2匹のお母ちゃんとなります

そのうち、はぶちゃんも仲間入り予定

よろしく頼んだぞ!

命の授業は永遠と続きます(思春期にはどうなることやら?(笑))

娘とも共に命を救えるなんて、私はなんて幸せ者なんだと

改めて思いました

娘に、心より感謝です

そーいや、旦那(広報課長)、久しぶりに基地に入り、かなりの猫アレルギー勃発

、、、自宅には猫が7匹、、、犬も2匹、、、

多分息子も猫アレルギー

私から産まれたのに、猫アレルギーなんて!!(笑)

まぁ、痒い位じゃ死にはしないし、、、なんて言っても

私はアレルギー知らずなので、気持ちが想像でしか分からず

うちの家族は、家にいる限り、ずっと猫と暮らすでしょうからねぇ、、、

行く行くは、自宅と施設が一緒にできたらなぁ、なんて想像もありましたが

こりゃー無理だな(笑)

イベント情報

・2020年08月16日 譲渡会のご案内

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket