LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルスがエライことになり、落ち着かない日々が続きますね

一日でも早くこの事態が終息を迎え、ひとりでも犠牲が少なく済むよう、願います

もひかんは至っていつも通りの日々が送れていて

強いて言えば、常に常備薬として置いているものを仕入れるのに時間がかかり

あれが間に合わない!これも間に合わない!

と、あたふたしてみたり、、、

それでもマスクがなかったり、ティッシュがなかったり

慌てては皆様に助けられている日々でございます

一日一日に、皆々様に、感謝です

いつも通り、というより、毎日何かが起きていて

携帯に向かうよりも身体を使う日々が続いていまして、、、

なかなかブログ更新ができずに申し訳ありませんでした

メール返信もかなり遅れています

緊急の相談は

07031571122 まで

ほぼ私が電話に出ます

もちろん報告は、山ほどたまっております(笑)

とりあえ今日は、保護っ子や新規保護などいろいろのお話を

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

タモリ、無事断脚手術が終わりました

顔こわ~いよ!(笑)

餌やりさんのお話によると、タモリは長年ボス猫やっていたらしく

そんな中歳をとり、事故に遭ったのか脚を負傷し

身を隠すように、ヒソヒソ生活をしていたようです

怪我から時間がたっていた為に、前足は一本失いましたが

心ある依頼者様のお陰さまでタモリはうちで暮らすことになったので

心配無用です!

うちには、足のない子や麻痺の子も、のんびりのんびり暮らしていますからね~

ただ、やはりボス猫

やる気マンマンですから(笑)

お掃除中は要注意

もうちょっとで抜糸が終われば、後はゆっくりうちの生活に慣れるのみ、です

お次はご報告が遅れてしまった

たろう、あんこ、おはぎ

中途半端な室内飼育で

何故か家を建て替えるから、という理由で

居場所がなくなった兄妹たち

、、、どーしてそうなるのよ、、、

猫は人間のおもちゃじゃないのにね

成猫の保護初期、特に飼い猫は

環境の変化から、なんとも頑固にご飯を拒絶される事が多く

未だに手がかかっております

もひかん一番の巨体たろうは諦めたらしく、ご飯は食べてくれますが

どーにもシャーシャー怒っております(笑)

多分小さければそこまで怖くないんだけどね

どーにもデカイので、怖いったら、、

、(笑)

仲良くなれる気がしてたんだけどなぁ

なかなか手強そうです(笑)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

仔猫シーズン到来

毎日のように、仔猫の依頼、相談があります

そして、突然仔猫はやってきます

あ、子猫だけじゃないや

今日は突然おばあちゃんがやってきたし(笑)

離乳ギリギリ、まだまだお母ちゃんが恋しいねぇ

お母ちゃんも、子供を探して鳴き続けていることでしょう、、、

仔猫を親から取り上げる人の気が知れない

胸が痛いです、、、

この子達は預かりさんにお任せする事になりました

愛情たくさんもらって

おーきくなるんだよ!

それから、乳飲み子かあちゃんとこの3匹は、おーきくなっているようです~

離乳も始まったようです

早くみんなで遊びたいねぇ

乳飲み子かあちゃんのご報告はTwitterでご確認ください~

そして今日突然やってきた

小梅ばぁちゃん

去年から現れた野良猫らしいのですが

最初は首輪ついてたんですって!

飼い猫だった子が野良猫になって、元気に生きていける訳がないでしょ、、、

とにかく命あるうちで良かったのですが

残念ながら、こんな身体で妊娠していました、、、

このまま出産を迎えたらどうなるか、、

想像しただけでもゾッとします

それにしても、今日の緊急現場確認で

一匹は妊娠

一匹は出産後

そして、週末TNR 捕獲猫は、産後でしかも、仔猫は無惨な姿で亡くなっていたそうです

今はこういう時期です、毎日毎日胸が痛む、、、

TNR の重要性が改めて見に染みますが

今はメスを捕獲すれば、妊婦か産後が殆ど

まだまだ胸の痛む時期は続きそうです

産後のお母さんは、焦って捕獲してはいけません

子供たちが死んでしまいます

とにかく今はTNR も神経使う時期

分からないことはどんどん相談下さいね!

とにかく、小梅ばぁちゃん もひかんへようこそ!

これじゃあ食欲ないのも分かるけど、手術までに体力つけなくちゃ

何でもいいから、頼むから食べておくれ

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

治療保護中の茶トラーずも

日に日に回復してきています

リビングデビューをした猫が増え

ご飯の準備が大変になりました(笑)

年末から介入した、崩壊現場の子達は、すこしずつデビューを果たし

さすが多頭出身、フリー生活にもあっという間に慣れました

センター引出し、下顎骨折していたおおしばくんも、リビングデビュー

お隣の雅もセンター引出し猫です

その奥はぐずる君

本名はゆずる君なのに、あまりにグズちゃんなので、ぐずる(笑)

まぁ、、、そのお腹は一体どうしたの?(笑)

そういやこの子も家の建て替えで居場所がなくなったひとりです

人馴れしてないから、容易に触ることはできませんが

のんびりのんびり暮らしています

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

毎日バタバタ

私は外回りや遠方へ出かける事が多くなり

ということは、基地を任されるボラさんは必然的に忙しくなり

皆が精一杯で毎日が過ぎていきます

そして、当たり前の毎日はほぼないので

毎日感動したりショックを受けたり怒ったり慌てたり、、、

そんな中の、ひとつの感動話をひとつ

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

うちにはたくさんの依頼者様、里親様がいます

私ひとりでは出来ることは僅かでも

その子に想いを寄せる方と協力して

その上で関係者や支援者様たちのたくさんの方々の協力があるからこそ

その命を救っていけています

乳飲み子かあちゃんが、大切に大切に育てた4匹

一匹は保護間もなく亡くなり

3匹兄妹、じゃもら、アスパラ、おべったは無事に育ち、譲渡期を迎えました

その後、応募から素敵な里親様との出会いがあり

願ってもない兄妹3匹での譲渡が決まったのです

ところが、譲渡決定からお届けまでの間にじゃもらが体調不良に陥り

日に日に私の中では、FIP 予想が高くなり、愕然としました、、、

ほんの僅かな確率でうちにたどり着き

育てるのが難しい乳飲み子の世話

乳飲み子かあちゃんは必至にこの子達を育て

基地での生活を経て、やっと最高の幸せを掴みかけた途端の出来事

FIP 発症はいつでも、今までが一気に病気に奪われてしまった感覚に陥ります、、、

今、FIP の治療が何件かの病院で始まっていて

治療中の数人の方から、情報だけは得ていましたので

うちでの方針や治療に関しての情報全てを里親様にお話しました

今のFIP の治療には、莫大な費用がかかります

うちでは、FIP を発症した子達の選択肢は、看取りのみ、、、

里親様が出した答えは

まさかの「治療をお願いします」でした、、、

ほんとのほんとのほんとに???

里親様ご家族の意思は、本当に本当でした

耳を疑う決断に感謝しきれず、涙が出ました

ならば、私も出来ること全てやりつくすのみです!

翌日地元の病院で検査をし、その後FIP 治療可能な病院探し

新型コロナウイルスの影響で、新規FIP 診察をうけられるのは

神奈川県横浜市にある「ブルーム動物病院」のみ、でした

翌日の予約を取り、予定を変更し、いざ横浜まで!

通院にもストレスかかり、体力奪われますが

それでも、放っておけば確実に死に至る病気、悩む余地はありません

初日はじゃもらを育ててくれた乳飲み子かあちゃんと、もちろん乳飲み子抱えて横浜

一週間後の昨日は、ボラさん酔い止めの薬のんで横浜

実際、FIP の治療から今日で6日目

治療の効果は、昨日から一気に出てきたように感じています

私たちの活動に、その里親様の強い大きな想いがプラスされ

今、じゃもらはFIP 克服に向けて、闘病中です

治ると信じています

早く診察終わったので、車の中でみんなでお昼タイム

この表情、久しぶりです

夜には昨日の倍量のご飯を完食

じゃもらは、その時その時出会った人たちそれぞれに救われながら今生きています

犬猫の行く末は、関わる人間次第でどうにでもなってしまいます

でも、例えどんなに短命でも、病気を患っても

治療ができてもできなくても

傍にいる人達に、「生きてほしい」と、その人達それぞれの精一杯をしてもらえることが

本当の幸せだと、思うのです

だからこそ、私は出会った子達には

その時の私の精一杯をやる、と決めて

活動しています

じゃもらの闘病報告は、今後もさせて頂きます

皆様、じゃもらの応援、よろしくお願いします!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

共に命を助ける喜びもあれば、利用される時もあり

出来ることは人それぞれですが、、、

「利用」はいかんと思うのです

というか、とてもアタマにきてしまうんですねぇ、、、

一番カチンときた言葉

「津戸さんは慣れてるでしょ」

慣れる??何に??犬猫の死に慣れてるってこと???

じゃあ何で、私は朝から晩まで、休みなく毎日、活動してる?

死が平気なら、活動なんてやってませんがね

泣き落とせば何とかなる

「保健所へ連れていくしかない」って言えば、どうにかしてもらえる、、、

「あなたが助けなければ、この子は死にます」

私にしてみたら、ただの脅迫でしかないんですよ

うちでは、殺処分や遺棄など

死に繋がる事を選択肢のひとつとして考えている方の協力はできません

相談するからには、そのくらいの覚悟でご相談下さい

最近怒りっぽいので(笑)

何卒よろしくお願い致します

長くなりましたが、皆様、ご愛読ありがとうございます

皆様から、たくさんのご支援が届いております

ご支援金は、犬猫を救う勇気になります

ご支援物資の段ボールは、宝箱です

本当に本当にありがとうございます

今後とももひかんの活動を、あたたかく見守って下さい

どうぞ、よろしくお願い致します

イベント情報

・2020年02月16日、03月15日 島忠大宮本店 譲渡会開催のご案内

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket