LINEで送る
Pocket

私の中では大きな出来事が、最近では結構頻繁に起こるようになり

あれよあれよという間に、1日が過ぎていきます

朝、基地に向かう途中に、緊急連絡あり

「熊谷駅のエスカレーターの隙間に、猫が3日間挟まっている」

送られてきた写真がこれ

分かりますか?白黒の猫

ということで、そのまま向かった

熊谷駅

最寄り駅なのに、久しぶりだったので、思わず、、、(笑)

ドトールの前だよ

三愛があるエスカレーター

東口だよ

、、、?東口なんてあったっけ?(笑)

全部知らない~、、、

かなり遠くに車を停めてしまったらしく

久しぶりに駅をフラフラ(笑)

猫がいる場所は、ギリギリ身体が乗っかる程しか幅がなく

少し右にズレると、三階から一階まで落ちるような場所

早い時間には、業者と警備員などで捕獲を失敗してるらしい

それでも一般人の私は、手の届く所には入ってはいけない

、、、じゃあどーすんだよ!!

あちこち呼ぶも、お店側の警備員は

「4時にまた業者が来るから、それからです」

それまでに落ちたらどーすんの!

あんたが身代わりになるんか!

、、、と言いたいのを、グッとこらえ

猫を見張りながら、声をかけながら、待つこと5時間

身体は心底冷えきりました、、、

でも、猫だって同じだ、、、

飲まず食わずの3日間、限界だったでしょう

エスカレーターを停めて、捕獲開始です

お店側の目的は、とにかくあそこから猫を出すこと

私の目的は、猫を捕獲すること

目的が違う、、、

三階の駅に猫が放されて、無事な確率は低いですからね、、、

猫を棒でつっつく業者

ハラハラヤキモキ、、、

「私そっちに行っちゃダメですか?」

「それは困ります」

、、、、、

こんなにじれったいのは、久しぶりでしたが

最後には業者さんが猫を鷲掴みにしてくれ

無事にキャリーへ

あーーーーーーよかったーーーーー!

なんと、人馴れした子でした

そのまま病院へ直行

先生にチュールをもらって、ワクチン、ウイルスチェックを済ませ

キャリーの中では、うとうとしてました

ホッとしたんでしょうねぇ

人馴れした猫が、何故あんな所にはいってしまったのか

もしかしたら飼い主さんいるかもしれませんが

あんな危ない地域で、手術もしないで、外に放してはいけませんよ

身体はこの辺の野良猫のように、排気ガスで汚れていましたし

3日間、センターに問い合わせもありませんしね

そうそう!通りすがりのダンディな男性から

ご寄付を頂きました!

これが励みとなり、絶対につれて帰り、これで美味しいものを食べさせるぞ!

で、冷えまくる五時間を乗り越えたのでした(笑)

通りがかりの素敵な男性

ありがとうございました!

アズくんは、元気です!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

アズ君、緊急保護同日

以前から保護依頼を受けていた、アビシニアンがやってきました

実はこの子、家族を噛みついてしまい

救急車で運ばれてしまうほど傷はひどく

出血も止まらなかったそう

そして、安楽死を選択されてしまったのです

確かに、私がお邪魔した際にも

飛びかかってくるのではないか、という恐怖を感じる程

しかもさすが洋猫、キレるスイッチが読めず、、、

病院で待ち合わせて診察

と思ったら、怒る怒る、、、

鎮静をかけて、血液検査と注射の打ち方を教えてもらいました

9歳になるめめちゃんは、糖尿病を患っています

「1日2回のインスリン注射が必要です」

こーんなに、怒っているのに、、、注射、、、

とにかく私は不安でした

心の読めないブチギレさんに、果たして注射が打てるのか、、、

いつまでも心が通じず

よく聞く「飼い殺し」になってしまうのではないか、、、

依頼から保護まで、いろいろ、いろいろ考えましたが

何より、全ては安楽死には繋がらない

どんな理由があっても、安楽死の選択はない

保護を受けたのは、ただそれだけの理由です

私の元飼い主に対する感情は、皆様の想像にお任せいたします、、、

糖尿病により、食事コントロールがあるので

かなり飢えてる様子

とりあえずのお世話方法としては

インスリンを打つために、しばらくはそこそこサイズのケージで我慢です

ケージ内を工夫して、少しでも清潔に過ごせるように

そして、飢えをなくすこと

命の維持ばかりにとらわれて、ウキウキのない1日を過ごすのはやめました

うちでは、糖コントロールのドライフードに

日替わりで、美味しいウエットをたくさんのせて

おやつはチュール♪

まだ、私の中ではめめちゃんはつかめていなく

いつとびかかってくるか分からない、という疑いは晴れていません

恐い、という感情もまだ消えず

いつもは猫を待つのですが

今回は私も待っちゃってますね、、

それに申し訳ないと感じながらも

お互い無理せず、少しずつ近づけたらなぁ、と思っています

野良猫は、どんなにキレようが、いざとなったら飛び込めるのですが

めめちゃんは恐い、、、と思ってしまうのです

今回は、私も経験の時のようなので

逃げずに向き合いたいと思います

とりあえず、1日2回のインスリン注射は、成功しています

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ホッと自宅でのひと休憩

やまたは抱きつき

国王おろちは、私の周りをそわそわ(笑)

「母ちゃんが寝っ転がってる!今だ!」

みたいな(笑)

猫たちは、遠慮して足と

お隣に

左のもふもふはまだりです

昨夜も発作を起こしましたが

食欲旺盛、他は問題なく、元気にやっていますよ~

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

さて、明日はTNR 搬送と、センター引出しです

今日の捕獲は7、依頼が8

依頼と言っても、私は現地も見ずに捕獲器を貸し出し、任せることはしていません

大体が不慣れな人達ですから

間違っても、猫にマイナスにならないように

その現場現場での進め方を頭で考えてから

捕獲器の使い方、捕獲後の段取りなどををします

そして、術後管理は全て私がやります

間違っても、無料枠渡してはいどうぞ

なーんて事はしません~

どうせやるなら、猫の為にTNR

ほとんどの子達が、命あるうちの、一度きりの医療行為

できる限りの事をしてあげたいと思っています

今回の捕獲現場は遠方ですが、何とかギリギリ本日夕方に捕獲に行けました

予定通り7捕獲成功です

何だかバタバタと慌ただしく、、、

周りの人から、活動量がすごいですね!と言われる事が増えました

なぜ、活動ができるかというと

うちには保護施設に170匹前後の犬猫たちが暮らしています

うちのボラさんたちは、自分で決めた日時に責任をもち

分野分野に責任をもち

淡々と掃除を進め、淡々とその他の活動を進めてくれます

基地が大変な時は、率先して穴埋めをしてくれるボラさんも

皆で協力して、1日1日が過ぎ

だからこそ、外活動の予定が立てられ、新たな命を救うことができています

皆で救う命、なんです

ついつい私ばかりが忙がしいように見えてしまいますが

私が忙しくできるのも、責任感あるボラさんたちのお陰さま、なのです

それをまた、私のように、ギャーギャー言わずに謙虚に活動してくれるもんだから(笑)

頭が下がりますよ、ほんと

もひかんは、いつでも保護はいっはいです

人がいればいるだけ、助けるからです

この活動に、余裕のある時なんて

来ないですからね

もひかん王国では、いつでもボランティアさん、募集しています

「犬のため、猫のため」がんばって下さる方、是非ご連絡お待ちしております!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

4月はイベント盛りだくさん

3週連続イベント予定がたちました

手作り品なども募集しています

それから、TNR が頻繁になり、一度の搬送の数も増え

ティッシュペーパーが不足しています

基地の保護数も増え、広告、新聞使い捨て雑巾なども不足しがちです

特に今は広告に困っています

猫のため、犬のため、皆様のご協力をよろしくお願い致します

イベント情報

・2020年02月16日、03月15日 島忠大宮本店 譲渡会開催のご案内

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket