LINEで送る
Pocket

まずは

この場を借りて声を大にしてお礼を言いたいです!!!

この度の崩壊現場の多頭保護、パルボウイルス発生に伴って

ほんとーーーに、たくさんの物資を頂きました!

基地まで運んで頂いたり

そっと玄関前に置いてあったり

物資中継地点のくらし部 国民係にはたくさんの荷物が届き

頻繁に大きな段ボールをたくさん抱えて

運んでくれました

膨大な医療費がかかり

まととにご報告もできずの日々

そして、心身共に限界を越える毎日の中

このご支援が、心の支え、励みになり

涙が出るほどでした、、、

本当に、本当に、ありがとうございます!

パルボとの戦いは、まだ終わっていません

今、この時も、仔猫たちは必至に戦っています

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

皆さまがご心配してくださっている

ワクチンが間に合わず未接種だった仔猫たち

一匹のパルボ陽性反応から

(その子はその日に亡くなりました)

その日、翌日で全頭ワクチンを打ち

前回のワクチンから経過してる保護猫も

念のため追加接種を受けました

未接種だった仔猫たちは、そのまま私の自宅へと移動し

私は仔猫たちのお世話と治療に専念

それと同時に、基地が手薄になり

ボラさんたちも

それはそれは必至な20日間

今の時点での報告は、以下の通りです

自宅に連れてきた仔猫、全39頭(ワクチン未接種)

パルボ発症した仔猫、17頭

その他、下痢のみですんだ仔猫多数

まだ症状の残る仔猫、6頭

亡くなった仔猫、4頭

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

パルボ発覚から

可能な限りの治療は全てやりました

感染力の強いと言われるパルボウイルス

発症せずにすんだ仔猫や、軽度の子が多かったのは

すぐに打ったワクチン

治療初期に、たくさんの供血をお願いして打った血清注射

そして、一回でも嘔吐や下痢があればすぐに隔離し

その日のうちに始めた、パルボと仮定しての治療のお陰かと思っています

残念ながら亡くなった4匹は

自宅に連れてきて間もなく

バタバタと落ち着かない中に発症した為に

治療も数日、遅れてしまった子達です

39頭を、6畳しかないプレハブに隔離

全く準備のない中でいきなり始まったので

私は少なくとも一週間は、パニック状態でした

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

1日の10時間以上プレハブにこもり

仔猫たちの様子を細かくみて

異変があれば、隔離、治療開始

一時はバタバタと発症が続き

3匹があっという間に亡くなりました

たくさんの猫たちの中で、何をどうしていいかも分からなくなり

涙が止まらない時もありました

「この子達がみんな死んでしまう、、、」

毎日が怖くて怖くてたまらなく

そして、そんな自分は

ここにいる仔猫たちにひどく失礼だと思い

それでも恐怖心はおさまらず、、、

完全に、保護主失格の状態、、、

何が何でも、治療の手を止める訳にはいかない

それだけを考え、ひたすら、ひたすら

ピーク時に使用していたシリンジ半日分

強制給餌はこの倍量でした

その他、投薬、点滴、ネブライザー、等々

そんな中、一週間を越えた頃に

復活する子が出てきました

こちらを見ているコアラ

この子を期に、数匹が快方へ向かい

パニックだった頭の中は

死なせるもんか!!

に変わりました

猫パルボは白血球が見事になくなるので

元々崩壊現場の子達がもっていた風邪が元で肺炎を起こし

呼吸が辛くなる子が出てきたので

酸素室をレンタル

一時ほもちこした左の子は

発症から二週間前後もがんばったのに

亡くなってしまいました、、、

この子のがんばりは、それはそれは見事で、、、

言葉にはできない想いが、この子には残っています

右の子はまだ酸素室から出られずです

今現在、治療中は6匹

それ以外の子達は、厳重管理のもと

基地に戻っています

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

元気になって帰った仔猫たちを

ボラさんたちは、笑顔で迎えてくれました

それに合わせて基地中の保護猫を移動し、消毒も

この作業は、言うのは簡単、やるのはかなりの重労働です

完治してからも、ウイルスの排泄はしばらくあるので

間違っても基地内にウイルスを広げないよう

帰宅組のお世話も、厳重管理のもと

私のみでやっています

全部で29匹の仔猫たちが基地に帰りましたが

この子達とは二週間以上も密な時間を過ごしたので

個体識別が完璧にできるようになりました

ちょっと見ただけだと、そっくりな腹兄弟がなん組もいるんで笑

元気になった子達は、狭いケージでストレスパンパンだったので

今日もそれはそれは大暴れをしておりました笑

みんな、よくがんばったね!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

まだ、戦いは続いています

治療中の皆が元気になり、基地に戻り

ウイルスの排泄がなくなるまでは、気が抜けない状態が続きます

今回のことで、反省すべき点を反省し

見直せる所は確実に見直します

ウイルスの侵入は、今の施設では防ぐことは不可能

見えないウイルス

パルボウイルスに関しては、犬の検査キッドしかないので

正確さもあやふやです

ですが、楽観的にはならず

最悪の事を想定しての対応が必要です

ならば、保護初期の体制をもっともっときっちりと

限りない保護活動では

出来ることと出来ないことがありますが

出来ることは確実にやっていこうと思います

亡くなった子達に失礼のないよう

絶対に死を無駄にしないよう、、、

たくさんの感情が一気に押し寄せましたが

私は既に前向きに戻る事ができました

それは、得たものの大きさにも気がついたし

今まで見えていなかった事も、見えるようになったから

マイナスのまま残すのも

プラスに変えていくのも

自分次第、ですね

経験は絶対に無駄にはならない

そして、必ず未来の活動へのプラスに

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

今回、猫パルボを経験して

想像とは少し違っていました

バタバタといかなかったのは

ウイルスの型に運があったのか

早い対応が良かったのか

うちのような大所帯になると

致死率の高い感染症はそれはそれは恐ろしいので

日頃の掃除にも力を入れていました

そして、自宅プレハブで隔離を始め

まずあっという間に広がったのは

ヘルペスと思われる、猫風邪です

うちの隔離部屋にある父ちゃん力作の隔離室は

ウイルスでもかなりの防御率があると

改めて感じました

パルボは致死率の高いウイルスですが、飛沫感染です

猫風邪は致死率は低いものの、空気感染するので

その猫風邪を隔離部屋で蔓延せずにすんでいたということになります

そして、猫たちの感染の様子をみていて

基地内でのパルボ蔓延は

かなり防げていると感じました

その上、パルボウイルスがあったであろうケージやその周りを

徹底して消毒しました

念のため、ウイルス排出期間は新規保護はしませんが

後は、接している私がウイルスを撒き散らさないように注意するのみ、です

まだしばらく今の状態が続きますが

とりあえず、山場は越えたので

皆様、ご安心下さい

ブログ更新がなく、たくさんの方々にご心配を頂きました

いつも、うちの活動に寄り添って下さり

心の底から、感謝いたします

そして、お世話になっている先生方にも

心の底から、感謝いたします

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

私が基地を留守にする時間が増え

犬猫たちは少し不安を感じたようで

まず、ポインがご飯を食べなくなり

基地につくと、猫たちは鳴きっぱなしの時がありました

そこで、余裕が出てきたところで

オヤツパーティー♪

うんまいうんまい♪

母ちゃん、淋しかったぞ~

このあと、残したご飯も完食!

ポイン、単純だなぁ笑

うんまいか~

介護部屋も

みんな夢中♪

ケージの子達も

一匹残らず、オヤツタイムしました♪

秩父犬も元気です

帰ってきた仔猫たち

みんな、よくがんばった!!

基地の子達を心配されている方も多いと思いますが

日頃の犬猫の管理

施設の管理をしっかりしていますので

皆、変わりありません

元気ですよ~

(傷病の子は多いので病院搬送はしょっちゅうですが)

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

そんな中、皆さんに応援して頂いていた

スーパーばあちゃんのお菊が

静かに眠りました

すぐにご報告できなくて

気にかけて下さっていた方々、本当にすみません

お菊はずっとお薬を飲みながら

寝たきりになりながらも

モリモリ食べるスーパーばあちゃんでした

保護から2年弱

そのお菊が全く食べなくなり

延命をやめ、投薬をいっさやめました

それからはあっというまに

眠るように、、、

前の日、何となく覚悟した私は

お菊を抱っこして

外でのんびりとした時間をとりました

お菊はいつものように

肩に頭をペタッと貼り付けて

甘えていました

お菊は高いデビフ缶をたーくさんたーくさん食べました

皆様のこ支援のお陰さまで

安いご飯は食べないわがままばあちゃん笑

最後の最後まで、贅沢をしました

応援してくださった皆様

本当に、ありがとうございました!

↓デビフ鹿のボイルをおやつに食べるお菊♪

報告が遅くなった為に

お菊にご支援がたくさん届きました

このご飯は

秩父犬たちが美味しく頂いております

ありがとうございます!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

只今の不足品

仔猫用ドライフード、ウエットフード

ペットシーツ(ワイド、レギュラー)

エプロン、手袋などは

たくさんのご支援を頂いたので

しばらくは大丈夫です

皆様のご協力に、心より御礼申し上げます

イベント情報

・2019年04月06日 BS朝日 フレッシュフェイス にて放送されます
・2019年04月21日 ニャンキー集会〜猫の家族さがし〜

物資のご支援

<送付先>

もひかん王国 ~ くらし部 国民係 ~
 埼玉県熊谷市妻沼1523

*午後便でお願い致します
*保護施設は非公開施設となっておりますので、仲介場所への送付となります

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
1.送金ボタン
2.画面に沿って手続き
3.通帳やキャッシュカードを入れる
4.暗証番号
5.記号001904
6.番号514479
※振替用紙を使う場合は、最後の6桁を右詰めでご記入下さい

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket