LINEで送る
Pocket

「埼玉県熊谷県土整備事務所」という県管轄の施設が熊谷市にあります

ググってみると(まだ使ってる、、(笑))

コバトンさんの看板が

そこの職員さんのお知り合いの方から、保護のご相談を受けました

うちの条件を話すも、丸投げはするが、自分たちは何もする気のなさそうな、、、

最終的に私は

条件である医療費負担うんぬんではなく、とにかく殺処分はやめてくれと

殺さない方法をお願いしました

気持ちさえ、丸投げでなければ

お金は500円だって、千円だって、ゼロだっていいですから(本当はとっても困るけど(笑))

、、、とお伝えしたのに

次の電話では

既にセンターに収容されてしまいました

、、、だと、、、

ありえねーーーーーーー

仔猫はすぐに殺されるって言ったのに!!!

持ち込みするぐらいなら、放っておけばいんですよ!

敷地内を仔猫がウロチョロしただけで

何故処分??

こーやって、殺処分数は増えていくんです

ムカムカしながらも、すぐに指導センターに連絡

持ち込まれた猫たちは、もひかんへ来ることになり

数時間後には、ボラさんがセンターへ迎えに行きました

ただ、ひとつ問題なのが
仔猫は三匹いたそう

捕まえ、持ち込まれたのは2匹
一匹は逃走中、、、ならば捜索だ

逃げた猫を捕まえるのに、敷地内で捜索させてくれ
と、お願いすると

「許可できません」

は??

理由は?と聞くと

「車の出入りが多いから、事故でも起こったら、責任とれません」

は??なに??

そもそも、うちに繋げたのは

オタクの職員でしょうが、、、

再度確認

「猫の捜索に、許可はでないんですね?」「はい」

「殺される事を知っていて、うちの提案を無視してセンターに持ち込んだんですね?」「はい」

ケツマクリ状態、、、(笑)

命がかかってるんですから、これでひっこむと思ったら大間違い!

県の施設だし
すぐに再度指導センターへ連絡
その後県庁の生活衛生課へ連絡

どーにかしてください!
と、お話した所

すぐに連絡をしてくれたらしく
あっさり捜索許可はおりました、、、

なんなの、まったく、、

時間内、捜索は二人まで
とか、訳の分からん条件付きでしたが

行ってみたら、時間過ぎてもよし、三人でもよし

その上、夜も捜索させてくれとお願いすると

あっさり「いいよ」

、、、態度が豹変(笑)

買い物、120匹の給餌、仕事をしながら
携帯片手にあっちこっち、、、
忙しいんだから!!

、、、と言いたいのはここだけにして

せっかく許可がおりたんだから、時間の限り探すのみ!

結果、施設内にいた仔猫たちは
捨て猫と断定するには程遠く

話を聞いた限りでは、その辺で親猫は見守っていたのかもしれない

ならば、施設側が猫を邪魔者にしなければ

わざわざ捕まえて殺す必要もありませんし(そもそもどんな理由でも殺処分の必要はない)

TNRで済む話

逃げた仔猫は、あわてて帰ったのかもしれない

しかも逃げたのは三毛猫
捜索で捕まえた仔猫はキジトラ

、、、、?(笑)

あら?あなたはだぁれ?(笑)

どーみても、センターから来た三毛猫姉妹とは
同腹の子ではないねぇ(笑)

しかし、それも想像に過ぎないので
夜になってからもう一度、捜索に出かけました

やはり、猫の気配すらなく
仕掛けた捕獲器は空っぽ

もちろん、鳴き声もありませんでした

何となくスッキリしないまま、基地に戻る事になりましたが

対応して頂いた方は、センターに持ち込んだ事に対し
反省の言葉を使っていたので

万が一、「埼玉県熊谷県土事務所」が
再び猫をセンターに持ち込むような事を聞いたら

こっそり私に教えて下さいませ

熊谷のあるキレイなひろーい公園の管理事務所は
公園内の猫は全て処分と言い切りました

では、耳カットの入った猫は?と聞くと
そんなものは関係なしに処分だと言いました

ですが、センターは
耳カットの入った野良猫は、処分しないと言っています

さて、どうなんでしょうね?

そこの公園は、殺処分ゼロを目指すと言っている、埼玉県管轄の公園です

命を生かす方向に進んでいる今
埼玉県が殺処分ゼロを目指すと言っている今

耳カットの入った猫を殺処分するなんて
ありえないですよね

人間だけの地球じゃないんだから

センターから来た三毛姉妹
、、、と、何故か捕まったキジトラ

 下の写真の奥の水色のハウスに

初めて会ったあであろう子猫2匹は、寄り添って入っています

前に出てる子は
シャーシャー怒って、2匹を守るつもりなんかしらね(笑)

そりゃ怒るよね、多分捨て猫じゃないもん(笑)

お母ちゃん、心配してるだろなー

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「ぼく、川に落ちちゃったんだ

水から顔しか出なくって、とっても寒くて、死んじゃうかと思ったんだ、、、
そしたら、近くのおじちゃんが
ぼくを助けてくれたんだよ!!」

世の中には、水路に落ちている犬を見つけても

助けようとしないおばちゃんがたくさんいるのを
目の前で見たことがあります

君は、心優しい人に見つけてもらえて
ラッキーだったね!

ようこそ、もひかんへ~

とにかく、匂いを嗅がせてちょうだい~!!、、、とクンクンしてみるも

既に仔犬の口の匂いは消えており
おばちゃんがっかり(笑)

小さな仔犬の口は、独特な匂いがするんです

私はその匂いがたまらなく好きなんですが
もうお兄ちゃんになってたか(笑)

警察、保健所に届出済

拾得物となるので、この3ヶ月、飼育受託者としてのお世話になります

が、今日は文句ばかりになってしまいますが

この飼育受託がやっかいな決まりで
3ヶ月はこの子は警察の所有物となるため
譲渡ができないのです

まぁ、飼い主さんがいるのなら、返すのが筋でしょうが(筋というか、決まりですが(笑))

そもそも、首輪もしてないし
川に落ちてたし

万が一、飼い主です!って言われても
困っちゃうなぁ、、、
納得のいく理由があるならいーのですが、、、

正式譲渡まで3ヶ月かかりますが

その間に飼い主が現れたら、返還しなければいけない決まりですが

何となく、飼い主は出てこないような気がしています

気になる方は、会いに来てください

かわいーですよ♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

チュールおばさん登場でチュールパーティー

おぉぉ~
凄い数だ(笑)

一瞬でペロリ

ケージ内の子達にも

チュールパーティー始めたものの

なかなかの時間がかかり
ワッハッハ大笑いしながら
気がつけば夜中、、、(笑)

春ちゃん、美味しかったね♪
チュールが底を尽きてきました

貧乏団体、おやつまで手が回らず
ご支援頂いたお陰様で
たまのパーティーを開催する事ができてます

この子達のたまの楽しみの為に
また少しずつ、ご支援頂けたら助かります

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ご支援頂いた、ロイカナ前期のふやかしに

頂いたロイカナマザーベビーと粉ミルクを混ぜ

おいちいおいちいと
離乳期の子猫達が食べています

ぼくは、水も上手に飲めるようになったよ♪

早く早く大きくなって
お母ちゃんを安心させておくれ

イベント情報

・2018年09月30~10月07日 『道の駅おおた』にて啓発活動を行います
・2018年10月20~21日 めぬま手づくり市に出店致します
・2018年10月28日 おにっこハロウィンまつり に出店致します

物資のご支援

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
00190-4-514479

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket