LINEで送る
Pocket

国王おろちと保護犬ラッキー

只今子供の食べこぼしを狙っております

うちの子供はご飯時、「ラッキーに盗まれないワザ」を習得しました

今までに、手を何度も食べ物と一緒にラッキーに食べられ、下の娘は大泣きをし、お兄ちゃんは涙を浮かべながら、痛いのを我慢(笑)

今では何とか落ち着いた食卓になりました

今年の春~夏は生まれてすぐの仔猫の保護が続いた為に、私は携帯にアラームをかけ、眠っていました

アラームで目を覚ますのは私でなくラッキー

そして、ラッキーが動き出す気配に目覚め、授乳をすること数ヵ月

授乳生活も終わり、アラームは停止

起きる理由がなくなったにも関わらず、ラッキーは毎晩アラームの時間付近に起き、私を起こしていました、、、

習慣て、すごいなぁと、、、関心しましたが、、、寝不足が続き、ちょっとしんどく

そのうち習慣なのか何なのか分からず、愛情が足りないのかとか運動が足りないのかとか

いろいろ考えましたが、何故か旦那がリビングで睡眠をとるようになったら、ピタッと収まりました

お陰さまで、まだりの発作がなければノンストップで眠る事ができるようになり、腰が固まってしまいました(笑)

(犬は一緒に寝るのはしつけ上良くないと言われますが、私は一緒に寝る主義です

なので、私は二階で寝た事はありません)

保護したての子は、夜はほとんど夜なきをします

それは理由が分かりますが、ラッキーの場合は、習慣になったのか、精神的なものだったのか

でも、これも私の都合

授乳中は起こされる事にありがたいと思いながら、授乳が終われば寝かせて欲しい

勝手ですよね~

もしかしたら、あれ、今日はミルクは?を繰り返していたのかも

環境が変わった事を理解するのには、言葉を交わせないどうぶつには時間がかかります

その子それぞれ、かかる時間も様々でしょう

よく聞くのが

「言うことをきかない」

「イタズラが多くて困る」

「吠えてうるさい」

、、、当たり前です

生きてますからね

全ての行動に、理由があります

どうぶつはお飾りでもなく、従えるものでもありません

共に生活をしていく家族です

特に犬は、人間の環境に必死で合わせようとする生き物です

そうでないと、生きにくい世の中なんでしょうね

もっと、どうぶつ達がのびのび暮らせる世の中になりますように

生活をする中で、どうぶつの家族に「困った」があるときには、ちゃんと向き合って下さい

怒っても、叩いても、何も改善はしません

それが出来ないのならば、飼わない選択肢を


さて、まだりちゃん、薬が終わるので病院へ

少し、量を増やしました

今日で発作なし連続5日

剥がれた爪と、噛んでしまった舌をみてもらいました

本日も応援メール、ご支援が届き、あたたかい気持ちになりました

ありがとうございます!

引き続きご支援をお願いしております

応援、よろしくお願いいたします!

詳しくはブログ「がんばるまだりからのお願い」をご覧下さい

イベント情報

・2017年11月19日 ブレーメンパーク譲渡会に参加いたします
・2017年11月25日 老人ホーム『りん』様で譲渡会を開催いたします

物資のご支援

<Amazonからのご支援>

希望している支援物資リスト

活動資金のご支援

<ゆうちょ銀行 お振り込み先>

- ゆうちょからの振り込み -
00190-4-514479

- 他金融機関からの振り込み -
店名     :〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)
預金種目   :当座
口座番号   :0514479
口座名義   :もひかん王国 ~いのち部 愛の手課~

<銀行 お振り込み先>

店名     :群馬銀行 妻沼支店
預金種目   :普通
口座番号   :0212331
口座名義   :津戸 絵理

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

LINEで送る
Pocket